出ない答え

ここ数日、真剣に仕事を辞めようか考えている・・・。
辞めたくないのに、辞めざるえなかった9年前。
もう少し、休養しなくてはいけなかったのだろうに、若さと仕事へ戻りたいのとこのまま家にとどまることは
もっと大変な人でも働いて頑張っている人もたくさんいるのにこれだけの病気で負け犬のような気がして・・・。

実際、これだけの病気ってその時は思ったけれど、今も糸を引いているのってなんだろうね。
少しゆっくりしてから次のことを始めれば良かったのかもしれないのにそんな気持ちは欠片も浮かんでこなかった。
とにかく戻りたかった。なにがそうさせたんだろうか・・・。

現実に戻ってみたら地獄のように辛かった・・・。
体も、仕事も、上司(特定)の関係も・・(今は解消したけれど)
1年半の間に自分がいた頃とすっかり様変わりしたように感じたのはなんだったんだろう。
月日が流れて行くうちにそれも解消していったけれど・・・。

わたしも歳をとった。
私以上の年齢の人も職場にはいるのでそういう書き方は失礼か・・・。
でも、昔なら今の私の年齢は定年だ。
社会も変わり、バックに大手企業をもち、世間が退職年齢を引き上げれば勿論、ここの職場も引き上がる。
この長生き社会で5年も定年が伸びるのは嬉しいことだ。
嬉しいが、時と場合によってはどうなんだろうか。

ひとつ私の中では問題が持ち上がっている。あくまでも私の中だけである。
が、そのことが終始頭から離れず、仕事が終わり家に帰っても、食事をしていてもお風呂に入っていても
ボーッとしている時ですら、そしてこうしてPCに向かい違うことをしている時でさえ
その問題は私の頭と心を蝕んでいる。
食欲もでずに、検診では体重も減って危ないラインまであと1キロ。
危ないというのは、病院でそのラインまで体重が減った時は検査をしましょう。と言われている。
夜中に何度も目を覚まし、夜も朝までまんじりと寝た気もしない状態だ。

もしかしたら、私は鬱になっているのか・・・とふと思う。
どうなんだろう。
私は、ここまでしてその会社にいる意味があるんだろうか・・・。
人間関係はとてもいい。その問題だけを除けば定年まで働くかもしれない・・。
だたし、体がもてば。

気持ちが楽になりたい。体も楽になりたい。
辞める理由なんて、体調の悪さを言えば病気の経歴を知っている職場なので一発OKだろう。
ただ、抱えているその問題を解決しないで辞めるのは、逃げなのではないか・・・。
こうして、鬱になっていくんだろうか・・・。
にっちもさっちも進まない。
行ったり来たりのメビウスの輪のようにゴールが見えない。出すことに勇気がない。

もう一度、解決すべく自分で納得し、クリアできれば乗り越えられたとして働き続けるだろう。
もし、ダメだったら潔く辞めるべきなんだろう・・・・か。
[PR]
by nori-0726 | 2015-08-29 22:24 | ぶろぐ | Comments(2)

ランチ 銀座KAZAN

20日は職場の健康診断でした。
たぶん、昨年も同じようなどんよりした天気だったの気がします。
指定場医療機関は新橋を選択。
電車一本で行けるので助かります。(交通費も後日、清算し翌月のお給料に加算されます)
聴力、身長体重、視力、血圧、採血、問診、腹部採寸、心電図、肺のレントゲン
今回の内容の順番は上記の通り。
相も変わらずに聴力は、「右耳がほとんど聞こえていないようですが・・・」と言われました。
「はい。手術しているのでそうなんです」お返事。
身長はあれ~?数ミリ伸びてる・・・。
体重はあれ~?2キロ弱減ってる・・・。
腹部採寸というのは・・・40歳以上(だっけ?)成人病予防のためにお臍周りをメジャーで採寸します。
これ、お腹周りのサイズがオーバーしていると・・・・
再検査の上、生活(食事)指導が入ります。
そりゃ、大変!世のお父さんは、ビールでぼよ~んと膨れたお腹をどうにか規サイズ内に納めなくてはなりません。
採血でもコレステロールや血圧の高さでも、成人病などの様々な病気が隠れていないか
再検査になるでしょうね・・・。

それで、私は・・・・ちょっとぉ~!あら、血圧・・2度計り、平均値へ。ホッ・・。
う~ん、コレステロールはひっかかるだろうなぁ。そうなると、高脂血症となります。
これも、成人病の疑いで、再度病院で採血をして調べてもらわなくてはならないのですが・・。
まあね、これだけは3ヶ月毎の内分泌科で採血しても、毎度ひっかかるし・・
下げる薬は飲んでいるんだけどなぁ・・・。
結果が出たら、主治医と相談することにします。
身長はともかく、体重は少し増えて欲しいかなぁ・・・・。
ちょっとばっかり、ふっくらしている方が柔らかい印象にお顔もふっくらするのに・・。

ま、そんな検診も同僚と二人で行き、うまい具合に空いている合間に入れたのですんなり終了。
そうそう、検診も終わったのでその後は、もう一人で同僚と銀座で合流してランチへ~♪
今回は銀座3丁目?『KAZAN』でランチをすることに→

f0114900_17265116.jpg
f0114900_17265681.jpg
f0114900_17270092.jpg
f0114900_17270464.jpg

暗くて上手く写真に撮ることができなかった・・ぐすん。
オードブルは撮った写真のサイズが・・・なので無しです。

魚介類が新鮮で、野菜も限定素材を使用でオーガニックに拘る人などにもきっと満足いけると思います。
各テーブルに担当がいて、テーブルサービスをしてくれます。
1時間半~2時間の時間をとってあるので、コースで出てきてもゆっくりと目と口で味わえます。
私達は手堅く2,500円のランチでしたが、お腹いっぱいになりました。
また、魚介(甲殻類)のダメな人がいたのですが、前もって予約時にそのことを伝えて置くと配慮してくれますので、ポイント高いです。
だされたパンも豆乳のパンでした。
ゆっくりとしっかりと全部残さずいただいて・・・。美味しかった~♪
しっかりしたサービスでしたが、サービス料はありません。

夜は、ドレスコ―ドがもしかしたら・・・あるかもしれません。

あ、もちろん、検診終わったのでビールで乾杯です(笑)
[PR]
by nori-0726 | 2015-08-22 17:22 | おでかけ・買い物・おしゃれ | Comments(2)

やっぱり~

f0114900_13020600.jpg

痛みどめを打ってもらいましたが液漏れしちゃいました。
関節との筋肉との間隔があまりなく、筋肉も硬直してくるそうです。
隙間を縫って、注液がすこしでも多く入る様に少しずつ少しずつゆっくりと
慎重に注射を打っていただいたのですが、
その、隙間を縫う・・っていうのが針を刺した状態で針を移動させるので
これは痛いのなんのって!
いくらペイン科での直頭への注射に慣れているからって・・・((涙。

整形外科での診察は、
最近の状況では、このところ関節炎の痛みで夜、ほとんど眠れず
うつらうつらとしていると1時間ほどしか経過していない・・・・。って悲惨な状態
親指も人差し指側に寄るように筋肉も固まってしまうそうで、これは手術しても普通のように
パァ~って開く様になる訳ではないそうです。
手のひら側の注射を打った生命線からの内側が痛みを伴って大きく腫れています。
他の指、手首、腕、肘へと痛みが流れてきて、中指薬指の動きもぎごちない状態。

前回の注射ではひと月ほど緩く痛みが緩和されたので、
今回再度、痛みどめを打ちどの位の時間の効果があるか・・・。
その時の状態よるので、早く切れてしまう時もあるそうです。
やっぱり、そろそろ手術も考えないとならないかな・・・と先生の見解。
手術の内容は既に聞いているので、いつになるか。。。
ひと月半後の9月半ばに次回の予約があるので、その時の状態により話を詰めていく予定。
ただ、秋は仕事のシステムが入れ替えになる可能性。
習得しなくてはならないと思うので、休めるかが・・・。
途中、痛みがでたら来ていいですからね。と言ってもらえてホッとする・・。

そのご、ペイン科へ行ったのだが・・・
ストレスが溜まっていることによる凝りがあると言われた。
リンパが詰まったりすると凝った状態になるらしい・・。詳しい診察はコチラ→☆

最後に形成外科へ
上記ののことを話したら、まぁ、そうかもしれない。けれど、リンパは見えないからねぇ・・・。
と話していた。

先生も受診科もたくさんあって、たくさんいると色んな見解が出てくるね。
ただし、色々あってもバラバラじゃ困るんだけど・・・な。
[PR]
by nori-0726 | 2015-08-01 13:01 | 病気・通院・健康 | Comments(2)