我慢は美徳じゃない

辛かったら我慢しないで言ってね。
そう、何度も看護師に言われたっけ・・・。

下の記事へのコメントをありがとう。まずは、お礼を・・・。
昨日なんちゃら、かんちゃら、グズグズと・・・言っていた私。
おかげさまで今朝、就業前に社へ「本日、体調不良のためお休みします。年休扱いでおねがいします」
と、電話連絡をいれました。

朝、いつも通りに起床していつも通りに娘たちの朝食の用意とお弁当(おにぎりだけど・・)を作り
もしかして、仕事行けるんじゃん?と不意とそんな気持ちをかすめたけど・・。

やはり時間の経過で体調は下降気味。
休む勇気もいるんだよ。と自分に言い聞かせ、ソファーで暫し横になりながらウトウト・・・。
「お母さん、今日仕事は?」
とデカ嬢が朝食を食べながら聞く。
この瞬間が精神的にキツイ・・・。
本当に休んで良いのか・・後ろめたさが過る。

「今日は休み」と一言答えていつの間にかまた眠りの闇へ引きずり込まれていたみたい。
次に目が覚めたときは、デカ嬢が出社するちょっと前。
私が眠っていたので、出来上がっっていたおにぎりをハンカチに包んでいるところだった。
いつもは、包んで「ほい」と6時ごろ部屋へ届けるんだけどね・・・。

午後2時半頃に、痛みがきつかったので、痛み止めを飲む。
今、時間の経過と共に、幾分楽に。
やっぱり、薬はこれが効くんだろうか・・・。と。
いつまで薬に頼っていくのかなァ。
ほかの方法がないのか・・・・。
主治医の診察のときに上手く辛さや痛みの状態を表現できるのか。
と、いうよりも聞いてくれる気があるのかなァ。。。
腕前は一流な医者でも、患者のココロの中を覗くのはちょっと無理な先生なのかな。

いや、今日はそんな様々なグチャグチャな事を考えずに、夕方までちょっとのんびりと休むことにしよう。
せっかくの休みだもの。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-30 15:46 | 旅 カメラ | Comments(4)

どうするよ。

コメントで sprewellさんに背中を押してもらいながらも、
こうして時間が経つと、決心が揺らぐ私。
踏ん切りのつかない女・・・なのである。
こうして、書いて気持ちをさらけ出すことによってどうにかなるかなぁ・・と安易な気持ちなのか。

元気な時は、いや、大病(か?)する前は、休む予定もそうなく年休も貯まるし
まぁ、出かけるから・・とかそれこそ、野暮用とかで使用していた有給休暇。
だけど、一度退職してゼロからスタートした私は、休暇も最初の日数からスタート。
それも、昨年は働き始めたばかりということもあって、体調が上手く調節できなかったりで早退したり
病院とかで年休以上に欠勤すら・・・(これは上司は承知の上だけど・・)
それに、これからまた、どうなるかもわからないので休暇は残して置きたい。

再度職場へ戻してもらった恩をどこかで感じている私は
今のこの位の状態で休みを使うのがとても気が引けるのだ。
(ただし、そのために駆使してくれた昔からの上司2人は既に退職された。そう、ついこの間)
今は、一応、私の状態を知ってはいる部長をはじめ数人の上司。
勿論、無理はしないでくださいね。と上司は誰も言ってはくれているけれど。
出社したからには、通常通りに仕事が出来て当たり前。
病気を知らない人がほとんどなので、そんな素振りはご法度。
・・知られたくもないんだけれども。薄々何かを感じている人は数人いると思う。

それでも、今は、経過観察中であり取る物も取っちゃったので病巣を抱えているわけではないし。
いくら、慢性疼痛で悩んでいるっていってもこれは、他の人には分からないもの。

身体の不調を訴えながらも、働いている人もいるのに・・と思うと休みが取れない。
あと二日、一日、頑張れば休みだ。と日々。

どこかでラインを引いて、割り切ってしまえばそれで済む話なんだろうけれど。

これを自分の事ではなく、相手側の話としたらきっと一笑してしまう自分がいると思う。
何のための有給休暇なのか。
自分の身体を一番に考えなくちゃいけない。
無理して仕事したとして、ミスを犯したり、何らかの迷惑をかけるなら休んだ方が良い。
自分がひとり居なくても仕事は回るのだ。
他人は他人、自分と一緒にしない。

ほら、答えはわかっている・・・・はずなのだよ。

でも、一歩が出ない。
踏ん切りが悪い・・・。我ながら情けナイ・・・。たかが、お休み一日取るだけでだよ・・・。
   ほんと、イヤになっちゃう。
線引きのできない優柔不断な踏ん切りのつかない女・・・・みっともない。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-29 16:39 | 旅 カメラ | Comments(6)

休息

昨夜、あまりにも辛いので頓服を久しぶりに服用。
耳鼻科で貰ったキツイほうではなく、形成外科でもらったもの。
それでも、夕方飲んで夜には睡魔に襲われ、頭はボーッ。動きすら鈍く思考能力も低下。
体は沈み込むように、底に落ちていく。

夜の9時にはベッドで意識なく眠ってしまった。
明け方何度か目が覚めるけれど、またウトウトと眠りの中へ・・・・。

午後も体を動かそうと駅まで行ったけれど、帰ってきてからはまた、眠りの渦へ・・。
結局、抜けたと思われるのは多分今さっきくらい。

痛みからストレスから色んな要素がくっ付いて辛い状態が更に増したのだと思う。
それにプラスすることの、体中の凝り・・に腰まで痛い。

明日は、お仕事お休みで、ゆっくり過ごそうと思う。
気持ちと身体が、穏やかにならずに今の状態なら、翌火曜は・・・休暇を取ろうと思う。
今のこの現状からちょっと自分を離したい。
逃げ道・・・と頭をかすめるけれど・・・。
逃げることは卑怯だといままで自分に言い聞かせ、なんとか来たけれど・・・
今、ちょっと自分を保護したい。
こんな状態で、良いことは何一つあるわけないのだから。

いいよね・・・と自分に問う。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-29 00:24 | 旅 カメラ | Comments(2)

ストレスが~

暑い一日でしたね。って・・・日付が変わってるじゃん。
ま、とりあえず金曜ってコトの内容で・・・・・ポリポリ (・・*)ゞ

このところ、ずっと寝不足だったのですよ。相変わらずですが・・・・。
先週末は夫が帰ってきていたので、朝は比較的のんびりとできたけれど
寝貯めはできませんね。
週半ばくらいでその貯蓄は底をついてしまいました。
仕事でも木曜はストレスがたまり放題。ストレス貯蓄みたいな・・。
発散も出来ないまま金曜です。

病院でした。なんだか、久々?
内分泌科の受診の待ち時間の合間に、形成の外来手術のはずだったのですが・・。
勿論、私もDrもそのつもりでいたのですよ。
「どれどれ・・・」と傷るはずの箇所を確認しながら、やっぱり新し瘢痕が出来ています。
その部分が攣れて痛く、ジッとしていても痛みと疼きが・・。

いずれまた、瘢痕手術をするとしたら、「今日除去する部分は残しておいた方がいいかもしれないなぁ。」
と、言うのですよ。
するかしかしないかは、急ぐ問題でもないのでどうする?と再度聞くんです。
「一応、手術を受けるつもりでは来たのですが・・」と答えると
「いやぁ、僕も手術するつもりでいたんけどね」と。
外来手術室も押さえてあるけれど、今回は一応中止ということで
その代わりに、では実際に痛い部分を痛み止めの注射を何回かして様子を見ようか・・。
この注射、直接傷に打ち込むので痛いの何のってヾ(;→㉨←)ノ
それに、持続性があまりないのだよね・・・。
それでは、用意をするので外の待合室で待っててね。
と、暫らくして呼ばれたら・・・。
その痛み止め、何処かの国で副作用というか、クレーム?が出たらしく現在、厚労省で認可が下りていないそうな。
日本を始め、世界各地で使って日本ではそういった状況は出てないそうな。
在庫として日本にもあまりなくて、院内でも各科で使うので状況が厳しい患者さんを優先にしたい。と
薬剤部からの話。
どうしても痛みに耐えられないというなら、優先的に注射を打つこともできるよ。
・・・・・・・。
そりゃ、どう考えても今現在苦しんでいる患者さんが優先でしょう。
7~8月頃には薬が入ってくるはずなので、次回予約は入れないでおきましょう。
ということになり、
たぶん、8月のお盆あたりに耳鼻科の検査が入るかな~。でそれに合わせて次回は自分で予約を入れることに。
何しに行ったんだろう~なぁ。
Drも、せっかく来てくれたのに、申し訳ないです。としきり。
ま、どうせ内分泌が本命なのでいいんですけどね(^▽^;)
たぶん、Drは・・・いずれ瘢痕手術を受けるだろう・・と思っているんじゃないかなァって気がする。

内分泌は・・・・ま、そうそう変わりなく・・。
ただ、血液検査の値で「ストレス」がわかるですね~。
結果データを見ながら「あれ?ストレスがあるのかなぁ?」って。
すごいぞ!!
冒頭に書いたけれど・・・そんな感じを引きずっていたのです。
薬は飲み続けることで次回は約3ヶ月後。
84日分の投薬量って。。。スゴイね~。

思ったより、早く病院も終わったので今日は真っ直ぐ帰宅。
気温が高い日はよく乾くので、掛け布団カバーの洗濯をしました。
明日は、お布団干してしまわなくっちゃ。
あ~あ。ゆっくり出来ないこの貧乏性。

夕方、気分転換に駅まで買い物へ散歩。
職場の仲間と待ち合わせしてお茶飲んできちゃいました。
チョイと話をして発散できたかな(単純だわ~)

今日の土曜は、お昼前に美容院へ行ってきます。これも気分転換だァ~。ね(^_-)---☆Wink
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-27 01:03 | Comments(4)

初!の挑戦!!

今回はヘアカラーの話。
今は、ほとんどの人が髪を染めているものね。
染めなくて良いならその方が良いけれど、そうもいかず・・・。


いつもは美容院でヘアカラーをしてもらうのですが、
やっぱり、値段が・・・たかい。

普通よりの柔かい髪質なので、市販のヘアカラーは後々を考えたらちょっと、心配。
色の配合もお任せで染めているので、市販物だとわからない。
それに、いろんなのがたくさんありすぎ。
それぞれに特色があって、どれを選べば良いのかも・・・・。

元々の地毛がブラウン系なので、染めてない状態でも「何色にしてるの?」と
美容師さんからも聞かれるほど。
たぶん、染めてもこの色は出ないよ。
これは、遺伝かな。お嬢たちもそんな感じの髪の色なので染めることないのよね。

でもでも、やっぱり年齢には逆らえない。
時間が経てば目立つ生え際・・・ヾ(;→㉨←)ノ

ささ、ここで奮い立ったワタクシ。
今回、初挑戦で自分でヘアカラーを。
商品は『泡カラー』で挑戦。

説明を読み、フムフム。。。
数々の備品(クリームやタオル・耳カバーやケープだけど・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・がんばって染めている・・・・・・
・・・・・あらら、液ダレしないよ。想像よりは簡単♪まるでCMのようだわ。

ちょっと長めな髪なので規定より10分多く待つ。
・・・・・・・流してます・・・・・。
備品のトリートメント+サロンで買っているトリートメントも追加して2回・・・・。

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚
あらら~♡
上々の出来ではないの!!
ちょっといつもより色が暗めかな?
でも太陽の下へでたら、全く心配なし。

もしかしたら・・・・美容院で染めるよりきれいに染まったかな~♪

でもね~、やっぱり腕上げたりとか、右の耳は耳カバーが引っかからないので
色が付かないように偉く気を使っちゃった。
(いつもの美容院ではわかってくれているので、ちゃんとカバーしてくれる)

何回かに一度は、自分で染めよ~っと。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-22 12:48 | 旅 カメラ | Comments(10)

これは、梅雨の降り方じゃないよ~っ!!
と、今日は、日本全国雨のようですね。

やっとこの時間帯、雨が止みました。一時的なものなのか・・・・持続するのか・・。

晴れていても梅雨である事を忘れなれない感じの晴れた金曜(前振りが長い・・・(^▽^;))
予定通り、デカ嬢と一緒に出かけてきました♪

今回の外出行動先は・・・
渋谷区外苑前(青山通り)「モンテ・ア」とういスパニッシュ・イタリアンレストランのバイキング。

f0114900_1651082.jpg

外観は青山通りから横に入るとこんな感じの雰囲気の一角あります。
f0114900_16524392.jpg

f0114900_1653315.jpg


綺麗に植え込まれた花々通路の咲きに↑の様なお店があります。
右手手前は、「GODIVAゴディバ」のショップ。
その隣は、あの有名なお菓子の「ル パティシエ タカギ」直営店があります。
ランチも出来るオープンカフェ・レストランのようになっていました。
たくさんのご婦人、女性陣でいっぱいでしたよ。
ほとんどケーキ類を食べることの興味の無い私でも、さすがに知っている名前です(^-^;
一番奥に大丸ピーコックのスーパーが。
イート・インもできて、置いてある食材もお洒落でした。

さて、私達が行ったのはこのピーコックの奥の2階。
貼り付けてあるURL通りの感じでした。
昼間からですが、グラスで私は白ワイン。デカ嬢はスパークリングワインをそれぞれに注文して飲んじゃいました(๑→ܫ←人→ܫ←๑) 。
なかなか、美味しかったです。
食事も物凄くたくさんの種類はないですが、オープンキッチンなので無くなりそうになると直ぐに補充されます。
お味もなかなか良かったですよ。

ただ、やはりテレビでこの場所をロケで使ったらしく、11時30分~2時までの1時間30分は事前予約の客のみ。
予約順(人数にお店の人が案内します)
やはり、女性がほとんどでそのパワーに私達は圧倒されちゃいました。
ゆっくり静かに・・・には、ちょっと遠いかな。
その店を考慮すると忘れた頃にまた、訪れるかも・・・・・?しれないお店でした。
ランチ   90分  1800円  グラスワイン等各種  700円

それよりも、気になたのがそのお店の向かいにあるこのレストラン。
f0114900_17281322.jpg


名前は「イル デジデリオ
ウエディングパーティーも出来るのですが、ランチがコースで1900円、2500円、3500円、5500円。
ここはコースになっているので、バタバタせず落ち着いた雰囲気。
本日のランチで1900円(前菜・パスタ・ドルチェ・カフェ)
パスタコースで2500円(パスタを使ったコース仕立てのランチ。ドルチェ・カフェ付き)
ランチコースで3500円(前菜・パスタ・お魚料理またはお肉料理・ドルチェ・カフェ付き)
シェフのおすすめコースは5500円・・・・こちらはお高からパス(ーー;)

品の良さそうな給仕さん達がお客様を案内していました。
今度行くなら・・・・こっちがいいなぁ~。
わたしなら、1900円で十分かな(o´艸`)。
ちょっと知っていると、便利なレストランかもしれないですよ。

お腹を満たした私達は、その後渋谷へ出て満腹なお腹を消化するために代官山まで歩くことに。
程よい・・いや、結構ハード?な距離でしたが、私は初の代官山。
渋谷も、もう、30年ほど足を下ろしてないのです(;^_^A アセアセ・・・
代官山では、デカ嬢が行きたがっていた「threedotsスリードッツ」へ。
こちらのTシャツの深めのラウンドネックのシャツは、シンプルで着ていてデコルテが綺麗で有名です。
ジャケットやカーディガンなどのインにして着てもステキです。
洗濯にも結構耐える一品のようです。
私は・・持っていませんが・・・・(^-^;

あとは、先日日本橋三越で行った「イータリー」の代官山店へ。
詳細はURLの中のインデックスでご覧くださいね。

あとは、グルッとあっちこっちを物色?しながら渋谷へも戻り最後はデカ嬢の買い物があったので
渋谷の街を抜けて神宮前(NHKホールまたは、CCレモンホール)前まで。
デカ嬢は狙っていたものが希望通りに手に入ったらしくご満悦(#^_^#)
・・・何よりです。

相当歩いたね~。と、ほんとすごく歩きました。暑かったし・・・・。
でも、久々の渋谷もそう、変わりなくこれならまだ、大丈夫だな(笑)。と思ったのでした。

自宅へ戻ったのは夜、8時過ぎ。
さすがに・・・・・いやぁ、疲れました。(本音)
でも、やっぱり、最後まで笑顔でいたデカ嬢の顔が見れたお出かけで、それが一番かな。

そうそう、お昼はしっかりと、デカ嬢にご馳走になりました。
ごちそうさまでした♪
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-21 17:51 | おでかけ・買い物・おしゃれ | Comments(0)

今日のワタクシ

f0114900_18373010.jpg


移り気なオンナゴコロ・・・という花言葉だそうです。
綺麗だったから写しただけなんですけど・・・・ね

今日は雨が降りませんでしたね。
何時降ってもおかしくないような・・・そんなどんよりと重~い雲が立ち込めていたのですが・・。
お昼頃から降り出すという予報を真に受けて、お洗濯物、外に干せばよかったなぁ(´・ω・)
豆乳も無くなっちゃたので本当は買い物へも行きたかったのにな。

でもでも~、
その分家にいたおかげで・・・。

恥ずかしながらですが、キッチンのレンジ周りをお掃除しました。
術後は、上を向いたり、手を伸ばしたりが辛かったので(ほとんど無理)後回しとなっていたのです。
ずっと気にはなっていたのですが・・・・(ーー;)
手は、この間の手術でだいぶ楽に上がるようになったので、大丈夫でした。
案の定・・・レンジフィルターは結構な埃が・・・。
洗剤をスプレーして暫らく放置。その間に回りを拭き吹き。
なんとか加工がしてあるフィルターなので、洗剤を水で流し取ると・・・はい。綺麗になっています。
あらららら・・・こんなんならサッサとやるんだった~。

綺麗になったレンジ回りは不思議にお料理も上手になった気がするから
錯覚ってオソロシイ・・・・゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ 。

その後、家事一般をこなしてあとは、アイロンを掛けながら昨日録画した日テレ「アイシテル・・」を。
もう、始まって間もなくから涙が止まりませんした。
あとは、チビ嬢がバイト先から借りてきた「ルーキーズ」を借りて読んだら、ほう、結構面白い(o´艸`)
あまり興味がなかったのでドラマは見なかったし、映画もみてないのですが、原画は面白いです。
凄い長く巻があるそうらしいのですが、今回は8巻まで借りてきたようです。
とりあえず、3巻まで読みました。結構笑えましたよ(^-^)

今夜は、またも日テレ「秘密のケンミンショー」の特番を録画。

で、なんだかんだでお昼寝しそこねちゃいました~。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-18 18:37 | Comments(6)

今日はお休み

出かけてきた疲れをゆっくりと過ごして・・・
あら、今日は千葉県民の日。
恩恵は・・・千葉県内の高校までの子供や学生だわね。
大人や大学生は・・・・関係なし。だもん。

今は・・・梅雨真っ只中・・・そんな描写でいいかしら・・・。
空を見て、風を感じ、空気に触れて、・・・・湿気が十分・・・・(ーー;)
この鬱陶しい湿度が実は、肌には良いらしいのよね~。

週末は実家へ行ってきました。
前にも書きましたが、父の日の今週末は、夫が博多より帰宅するので留守にするわけにはいかず。
日暮里経由で池袋へ出ましたが、実は日暮里での乗り換えは初めです。
昔のゴチャゴチャしたイメージで避けていたのだけれど、
おやおや~ヽ(。☉∇☉)ノ  これは・・食わず嫌いのようだったみたいで。
舎人ライナーも操業して数年、駅舎を綺麗にしたんですね~。
広くて綺麗でした。
我家から池袋へ出向くには、上野行き電車の日暮里乗換えで行くのが「安・楽・早」なのです。
今度から、これ使おう。
・・・・って実家へはいつもはJR武蔵野線なので、あまり使うことはないかな?(^▽^;)

さてと、池袋に着き今回は父の日も兼ねてこちらでお昼を用意するからとたまには豪勢なお弁当で~。
と、デパートの食品売り場をぐるり。
バランスよく配分されていて、年配の人が抵抗なく食べられる内容。
それに、私自身もそれほど食べないし・・・。
で、目に留まったのは『なだ万』の幕の内「6月のお弁当」
見た目にも内容も流石に品良く豪華ですね。
ちょっと奮発ですが、食べに言ったと思えば安いものです。

あとは、・・・意外とインテリな父(笑
パン食やコーヒーが好きなので、珍しいく美味しいの買っていきます。と伝えておいたので
「ベーグル&べーグル」で3種類のベーグルと十穀バーを購入。
きっと食べたことないぞ!との予感は当り♪
十穀バーは私のお気に入りなのですが、ベーグルもこのバーも父も母も気に入ってくれました。
初めての食感らしくて、モチモチしていて美味しい♡と。
パン食の苦手な母もとりわけこのバーは気に入ったみたい(*^^*)

インテリといえば・・・
若い頃父は、誰もスーツなんで着ていない場所で一人スリーピースのスーツをオールバックの髪で
着こなしていたんだそうな。
そういえば、幼心に残っている父の服装の印象は・・
スーツにネクタイ、あとは家では仕事から帰ってくると家では和服を着ていました。
昔の父兄参観でもピシッとスーツを着こなしてくる父の姿が嬉しかった記憶・・・。
お洒落だったのかもしれないなぁ・・・・゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
今は・・・ま、普通のおじいさんですけどね。

歳も重ねて、70代半ばを過ぎ、両親共に元気でいてくれるのは、本当に嬉しいことです。
母も昨日は秩父方面へ埼玉の「歩こう会」所属メンバーと早朝から出かけていたし、
先日はお友達とカラオケに行っていたらしい。

きっと私よりもバイタリティーがあるようです。
いや、あるんだなァ。

ただ、この時期に実家へ行くと、自分の病気の発覚がわかり、手術に向けての検査、検査・・・・
抗癌剤の投与でクタクタ・・で何度かその病院の帰りに実家へ寄っていた自分が重なります。
もう、過去のことですけどね。
もうすぐ、また、今年も無事にこの時期が過ぎますように・・・・の季節です。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-15 08:02 | Comments(6)

テレビの画像を見て、涙が何度も流れ落ちた。
NHK「プロフェッショナル」乳腺外科の優秀な医師の特集だった。

医者は謙虚であれ・・・・名医の言葉だなぁ・・・・。
患者の立場に立つことの医師としての難しさや葛藤。
医療の立場からどんなに立派な腕前であって、どんな困難な手術をできたとしても
果たしてそれだけで良いのだろうか・・・。

医療側の立場と患者側の立場では、切った、治ったで終る物ではないのだと思う。
病気によってそれぞれに関わる色んな繫がり。
患者当人は無論、病院側や患者側の家族、それらに関する様々な放射線状に伸びる絡まり。
病気は治っても100が100に戻るわけではないのだ。
直す事を引き換えに逆に、生活に‘苦‘や‘不便さ‘を伴って生きていかなければならない人達だってたくさんいるはず。

患者側の人生にに寄り添う医療・・・。
再発された患者さんに対しては更に一生を診続けるつもりで付き合っていく・・・。
患者にしたらどれだけ、心強く感じるとだろう。

全国各地で幾つもの優秀な腕前や極め細やかな対応をしている病院もあるだろうけれど、
でも、これだけの恵まれた環境で治療を受けることのできる人は・・・一握りでしかないのだろうか・・・。

それでもやはり、「癌・がん」というのは別物であるのだと。
この番組で登場した後半の乳がん再発の女性にスポットを当てていたときに
涙が止まらなかったのだ。
病気そのものについては、専門医の下に最前線のチーム医療として当てられていた。
私が思うところは、そのぶぶんよりもその、患者である40代半ばの二人の子供(高校生)をもつ
母であり、妻であるその女性の心の部分だ。

彼女は、子供達には乳がんの再発のための治療入院ではなく、腰が痛いという検査入院と話して来ていた。
いずれは話さなくてはならないとわかっていても、その気持ち、心の葛藤は子を持ち、育て、主婦であり
妻であるというその立場で、自分のときと重ね合わせてしまったのだ。

『子供達の(成長の)応援団長でいたい』とその母は最初に言った。
その気持ちもあり、子供達へ告白することは自分自身が揺らぐと思ったのだと思う。
言い出すことのタイミングの難しさや、言うことの勇気、子供の反応、精神的なフォローは
どうしたらいいのか・・・。
その患者である彼女も悩んでなかなか言い出せなかった。
もっともっとたくさんの事が自分の中で葛藤してグチャグチャになったのを鮮明に思い出す。
先ずは、言わなくてはならないことは、既に解っていても・・・。


散々迷って、どう切り出したらいいのか・・・話したら子供達の精神的なものはどうするんだと・・・。
時間だけが悪戯に過ぎて、私は、今の病院での入院・手術が決まってから娘たちに話した
結果的には、もっと、早くから検査をしている時点から話して欲しかったと言われた。
確かに、黙っていてどうにかなるっていう問題ではないのだ。
それに、やはり家族の協力は必要不可欠なのが、現実なんだと今更ながら思う。

確かに、子供であっても月日と時間の流れによって、しっかりと成長しているのだ。
子供だけで作る夕飯を携帯の写真で送信して来たり、やっぱり、どこの子も同じなんだなぁ・・・。
と思いつつも、それだけにやはり母の立場となれば、不憫なのだ。
そんな場面を見ていると同じ様なことがやはりあったので、涙がまた出てきた。

自分のときと重ねあわせてみて、きっと同じ思いで見た人もたくさんいるのだろうな。

私は中学生の時に、自分の子供のように愛してくれた叔母をがんで亡くし、
結婚後、スキルス性胃がんで夫の父を、3ヶ月後には直腸がんで同じく夫の母を失い・・・。
約3年弱前には自分ががんになる。

愛する叔母には、最後の面会であまりにも可哀想すぎてたいした声かけも出来ずに最期となった。
義理父にも、義理母にももっともっと、話をすればよかった。
義理母には、これからもっと良い関係になりそうだったし、元気になるためにも手術を勧めた自分を侮る。
自分のがんはそんなことからのバチが当たったのではないか・・と思ったこともあったな。

「親は子供の応援団長でありたい。」・・・・実は、この言葉は私も上の子が高校2年生の時に(7年前だわ)
中高合同保護者会の会場で縁あって発表させてもらった内容での一文なのだ。

親は、みんな同じなんだね。いつの時も。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-09 23:41 | 旅 カメラ | Comments(4)

グダグダ状態だった私ですが、週末から週初めの今日と合わせて三日間。
しっかりとお嬢シスターズに甘えて、休息時間をいただきました。

週末の土曜日は、デカ嬢と以前から日本橋へ出かける約束をしていたので、
時間を午後からにして午前中はゆっくり起きました。
その間、チビ嬢は自分で食事を摂ってバイトへ出かけて行きました。
その日の夜は、私だけの食事だったので、外出から帰ってから簡単に済ませることもできました。

日曜は、やはり、前日外出による疲れがとれないのと、疼痛がひどかったので頓服を服用。
この頓服を飲むと、先ず翌日半日以上は起きれません。
朝には町内会のお掃除があったのですが、デカ嬢が代わりに出てくれました。
(こんなことは、初!!の出来事です!!)
お天気も良かったので、洗濯から掃除、布団干しと全てしてくれていました。
あ~。大人になったのね・・・・。
たまにだからしてくれたのでしょうが、今回の私の状態をわかってくれたようでほんとに、助かりました。
夕方、散歩しながらちょっと買い物に行きました。

そして・・・今朝。
いつも通りの時間に起床して朝食とお昼のおにぎりを二人分作り、
デカ嬢が家を出る時間は6時半頃。チビ嬢が出かける時間は、9時頃。
だるさが残っていたので、チビ嬢が朝食を摂る時間にまた横になりました。
今日は早朝は雨が止んだ感じだったけれど、お天気もよくないので一日家でのんびりと。

明日は、仕事がありますが、水曜にまた、お休みを入れてあります。
今思えばよかったぁ。です。
今週末は、父の日の前倒しで手土産を持って実家へ行く予定です。

私の体調がこんななので、キモチがなかなか進まなかったので、
ギリギリのあちらへの予定伺いとなってしまいました。
最近、ほとんど顔を見せる時間が取れなくて、自分の都合の時ばかり行くようではいかんよなぁ。と
土曜日に池袋のデパートへ寄ってちょっと美味しい物を買いながら、手土産にビールを一緒に
顔を見せに・・・いや、両親の顔を見に?行ってこようと思います。
今の体調については、これ以上心配はかけられないので内緒にしておくつもりです。
段々と老いていく両親ですが、電話先では元気そうで
母は相変わらず「歩こう会」に参加してアクティヴに行動しているようです。
父は、きっと趣味の家庭菜園と俳句作りを勤しんでいるんだと思います。


体調については、月末に内分泌の診察があるので、当日の血液検査の結果を見ながら
先生と薬の量の相談をしてこようと思います。
あ、この日は・・形成外科での外来手術もあったんだ・・。
(プチッと切るだけなんだけどそれでも手術というらしい・・同意書もいるんだって(汗)

7月に博多祇園山笠見物に長崎へも行く予定が既にあるので、体調を戻さないとね。
[PR]
by nori-0726 | 2009-06-08 18:15 | Comments(6)