雨ふり

明日で9月も終わり。
季節も駆け足で最後の夏を連れ去ったように、今日は引き続いたいたような秋の気配。
昨日は、真夏のようだったよね?と首を傾げたくなるような
狐につままれた感じ・・・だよね?

昨日は術前検査が入ったので指定時間の午後に病院へ行った。
午後の病院ってなんだか、変な感じ。
待合室もガラガラだし・・・。
担当をしてくれるもう一人のDrがいた。

さて、どこから移植しようか・・・血管をどこの位置で繋ごうか・・・・。
これが問題。
お腹、大腿部、背中・・・。
う~ん。診察室でつまんでみても・・・う~ん・・・厚みが・・・・足りない。
血管を結ぶ箇所も耳の前でできるか?
首まで持ってくるか・・・・。
動脈と静脈が・・・云々・・・・。

久々にエコーなんてしてみた。
産婦人科では使うけど・・あ、この間乳がん検診でもやったか。
実際の脂肪の厚みも出てくるらしい。
ただね~。
耳の側もエコーで見るものだからグイグイ押してくれて痛いのよ。
思わず「痛くて結構辛い」とこぼしてしまったよ。
「あ、ごめんなさい。」と言ってくれたけどね・・・。
痛さ、きょうも引きずってます・・・・(>_<)

何だかんだと1時間もエコーして・・・
ものすごい脱力感。
会計待っている間に、電車の割引時間は過ぎてしまい・・・。
スッごく今度は、入院も手術も面倒になってきた。
いや、します。治します。(直すのほうか?)

結局、どこから移植するかは決まらなかった。
検討して、前日に再度エコーをかけて更にギリギリまで検討するそうです。
Dr曰く「あんまり脂肪が厚すぎても困るし、なくても困る・・・」
なるほど・・・。
ほんとに丁寧に慎重に進めてくれていることには感謝。

病気にならなかったら、きっとどこからでも移植はOKな脂肪量だったと思うなぁ。

さて、そろそろ、入院持ち物パッキングしますか・・
あ、書類書かなくちゃぁ・・・・。

というわで、たぶん、10月からは暫くはブログお休みとなります。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-29 11:06 | Comments(8)

いつも通っている美容院へこの間行ってきた。
前回は短めになってブーブー言ったけど、伸びてきたらまぁまぁ・・。
だったので、やはり、今回も懲りずに行った。
美容院ジプシーをするほど、元気もないし。

で、もって・・
今回は、ちょっと長めに。
仕事も始めるから、徐々に元の長さにしようかなぁ・・と・。

うううう・・
カットは上手なんだと思うよ。
でもね~、ちがうんだなぁ、ニュアンスが・・・。

そりゃね、仕方ないよ。
でも、いやだよ。
高いお金を払っているんだもん。

10年間の慣れはそう、簡単には妥協はできない。
その店は3店舗持っているから、その中でかえてみようかなぁ・・。
カリスマと呼ばれる先生の弟が上手いらしい。
デカ嬢はその人にカットしてもらっているんだよね。
確かに上手いかも・・・。

先日、銀行で偶然に一緒の出口に、向かった人が美容院のBOSSだった。
「もう、現場に戻らないの?」と聞いてみたら
「皆さんから言われているんですけどね・・」と口を濁す。
これは、現場には戻らず暫く経営一本でいくらしい。
そこで思わず・・
「お店変えちゃおうかな」とオドシの台詞・・・
「従業員の腕をあげることが、今一番の目標なんだよ・・・・・」

こりゃ、BOSSの担当の客からは同じような事を言われているな・・・。
担当客は新規を取らない限定人数客だったからなぁ。
さ、どうする?BOSS。

髪(ヘアスタイル)は大事だからね~。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-27 23:44 | 旅 カメラ | Comments(8)

あなたへも

東京で「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会主催)が29・30日と開かれる。
がん患者とその家族、友人らが一緒に24時間歩き、社会支援を呼びかける催し。
会場は東京・お台場 船の科学館
http://www.jcancer.jp/

そんな記事が今朝の朝日新聞 生活欄 に載っている。

こういった催しがあるのは、以前から知っていた。
けど、自分が家族が友人が知人が・・・・
その立場に立たないと、見過ごしてしまいがいちだ。
興味もあまりなくサーッと表面を読んで終わってしまったり・・。
がんにも、たくさんの種類があり、ひとつの臓器のがんだって種類は幾つもある。
全てが自分にあてはまらなくても、(一般的に知れたがんではない)
考えること、思うことはやはり、同じ。
痛さも、辛さも、症状は違えど、やはり同じように味わう。

そんななか、
「悩んでも、前向きに生きても同じ一日。ならば、前向きに生きよう」(記事抜粋)
そうなんだ。

今の時代は、がん=(イコール)死 ではないのだ。
一昔、ふた昔であれば、たしかに医療の発達も途上中であるからそういうこともあったであろうけれど、今は日一日ごとに新しい医療(医学)は進歩している。
こうしている今でも、新しい治療法が発見されているかもしれない。

現代病とも言われて久しく、がんでなくてももっと厄介な、大変な慢性的疾患を抱えている人だって山ほどいる。
いったい、どれだけの人が、今時分が抱えている病気に立ち向かって明日へとつなげようとしているのか・・・。

そう、がんだけを特別視してはいけない。
もう、特別な病気ではないに等しくなりつつ歩きがする。

一番大事なのは、共存して生きていくこと。

『がんを描くにした映画やドラマでは主人公が亡くなるものばかり。
「若いのにお気の毒」と言われる度に、突き放された気持ちなる。
がん患者は「特別な存在」でいなければいけないのか。
「がんサイバーシップ」という言葉を広げたい。
がんになったことで、生きる力を奪われてはならない。患者であることに固執せず、
普通に社会でいきる一人として存在したい。
健康な人も、「将来の患者」として一緒に社会がどうあるべきか考えていけたら・・』(記事抜粋)

「patient active(ペイシェント・アクティブ)」
命ある限り希望を捨てない。最後まで生きる希望を持ち続ける(記事抜粋)

という意味があるそうです。


がんを経験したたくさんの人達がこう、思えるまでには、きっと何年も悩み、いえ、きっと今でも並行して悩んでもいるのであろうとは思います。
でも、この気持ちがココロのなかで段々と大きくなること・・・これが願いです。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-27 15:29 | Comments(4)

回路・・・断絶

お恥ずかしい愚痴を載せていただきました。

たぶん、寝不足なんだと思うの。
昨日、外出してその疲れがとれてないのと、
個人的なことで、自分の心の狭さに落胆し、自己嫌悪←これで、落ち込んでたんだけどね。
(どうして大きな心で受け止められないのか・・)
それにまして、今日は薬が効かない。
さらに、ダンナのギックリ腰・・・。

思考カイロが回らない・・・。

このヘンチクリンな陽気にも体がついて行かない・・・。

すこし、横になろうかな・・・。

あ、ウール洗い洗剤を買い行かなくちゃならない・・・(涙

出たくない。行きたくない・・・・。

でも、ダンナのおかげで、実家の母と久しぶりに話しができました。
結果的には、ありがとうかな・・。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-25 14:12 | Comments(3)

愚痴でござる。

ん~、なんとも。

色んな事があって沈みぎみだったのが、怒りモードへと・・・。

なにがって・・・。

もう、今日はブーブー(`×´) プンプン!!暴露だ!

あああ・・・・。

今回の入院・手術はやっぱり、やめろってコトだったのか。
最初からなんとなくツマヅキ加減での始まりだったけど・・・。
どうにか、メドもたち来週は・・・・とホッとしたのも束の間・・・。
衣替えも今しておかないと、退院してからは無理だし、10月半ばは結構寒いはず。
けれど、この暑さ、なんとも進まず・・・。

はいはい。
うちのダンナ、昨日ゴルフの練習場で、ぎっくり腰をしてくれました。本日は仕事を休んでいるそうです。
そういえば・・・
数年前の年末に、職場で大掃除のあとテニスモドキをしてふざけていたら
アキレス腱を切断いたしました。
それも年末、押し迫ってから。
お正月の買い物にいけるわけなく、自転車で一日3往復を3日間いたしましたよ。ワタクシ。
(デカ嬢も犠牲に連れ出した)
数ヶ月間送り迎えで大変なオモイをさせて頂きました。
我家は4階(5階建て)でエレベーターがないんですね~。

その他救急車で運ばれたり・・・。いろいろ・・・。
全て、悪気があってしていることではないのは百も承知はしています。
が・・・・・。
今回は入院手術もわかっていながら・・・。
そうです、勝手に病気になった私が悪いし、再建手術をしたいといった私が勝手なのかもしれません。
入院当日も仕事で来れるかわからず、手術の日も来れるかわからないそうです。

でも、どうしてこういうときこうなるかな・・・。
はじめから頼ろうという気持ちがどこかにあった私が甘いんだな。。と。
もちろん、両親には頼るつもりはありません。(都合もあるみたいだし)
今回は、病気じゃないですからいいですけど。

8時間ほど時間がかかって、意識が戻らなかったら、それまでね~。
な~んてムシャッとした気持ちであるわけない事を考えたりしたり。

でも、だれが一緒に聞くんだ?術前説明・・。
ま、ひとりでもいいか!と思えはそれまでで、気も軽いってか。

一人身だとこうなるんだろうなぁ・・・。と、思ってみたり。

きっと訳の分からない事を書いている気がします。
ただ、そうです。
こうなったら、人を頼りにしちゃぁ、いかん!!ということですね。

プンプンしたいたら、痛み止め効かないようで、益々痛みも増加中。

ちょっと書いてスッキリ。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-25 11:41 | Comments(2)

オモイ・・・・デス

なんだかなぁ・・・

はぁ~っ‘の気分です。

どんよりです。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-25 05:44 | 旅 カメラ | Comments(4)

はい。参ります。

モンゴル800 ♪ あなたに会いたくて、会いたくて~♪
いいですね~。
NHKでやってました。
金スマを見てしまって、忘れてました。放送しているの・・・。
途中から見たんだけど、聴けてよかった~。
なんか、一途な歌い方が好きであります。

来週は入院だよ。
ということで、ちょこまかと準備をしているわけですが・・・。
10日間という予定なので、荷物は少ないぞ。とおもったけど、結構ある。

公立(国立)病院だからか、結構荷物がある。
用意して持っていくとなると・・嵩む・・。

なるべく、実家には頼らずに自分でやりたい。入院中も。
洗濯洗剤も持って行かなくちゃ。
当日、ダンナは入院の時間までにはこれないらしい。
デカ嬢が朝一緒に行ってくれるそうなので、助かる。
JR御茶ノ水の駅は狭くて、古くて、エレベーターがないんだよね・・。
地下鉄丸の線はエレベーターもあるのに・・・。


**********************************************************

この間、形成外科へ行った時に術前検査を終わらせてきた。
「今度会うときは、入院した日の夕方、説明をするときですね。」と爽やかに?担当のDr。

「もう一人の先生と、日夜検討はしているのだけれど・・・万全を期した状態で行いましょう」と、
再度、入院前に検査に行くことになった。
なんだか、電話の向こうで一生懸命話している姿が浮かんできます。(笑

でも、やっぱりあのイケメンDrにはかなわないね~。
いまは、もう。外にでちゃって、名前もありません。げんきかなぁ。
そういえば、携帯に写真が残ってなぁ・・・。

う~ん、それはいいんだけれどね~。
肝心な移植しているお耳の皮膚の縫ったところからニキビかい?
化膿してるぞ。結構膿んでたもん。
あ、去年も今頃そういえば化膿して救急で行ってる・・・・。はぁっ・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-22 00:10 | Comments(12)

どうにか・・・こうにか

お夕飯の支度が終わったので・・・・。

チビ嬢が部活引退のため、早い帰宅になりそうです。
今までは、毎日(日・祭日含む)部活があって、帰りは夜8時~9時だったのに。
入学して直ぐと、試験前くらい以来かなぁ・・・・。
こんなに早くに帰宅とは・・。

デカ嬢は、明日から大学後期が始まります。
最後の大学後期生活です。卒論を頑張りたまえよ!!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日の午後、実家から電話が来ました。
主人に、「入院までに電話しておきなよ。大丈夫だから」って言われていたんですが、
やはり、気が重く・・・。
きっと連絡を待っていてはくれているんだろうとは思いましたが、受話器は遠く重かった・・。
気にしながらも、どんより思い毎日でしたが・・・。
ディスプレイの番号が実家とわかった時・・・・・出れませんでした。(親不幸者です・・)
家にはデカ嬢が自分の部屋に居て
「あれ?電話どこから?なんだぁ、ちょっと話したかったのにな・・」
と言うものだから、
出損ねてしまったから、架け直したと言って、架けなさい。とデカ嬢に。
「ママは留守だといっておくね」と・・・・。

父からの電話でした。母はお友達と出かけているとのことで、デカ嬢とは世間話をしていたようです。
電話の向こうでは、
・再度、入院する日の朝病院へ行くということ。
・手術の日も病院へ行くとのとこ。
・入院に必要なものがあればいいなさい。     とのことでした。

母は、優しい人ですが、意地っ張りで感情起伏が結構はっきりしているタイプだと思います。
なので、きっと、入院用品については自分から言わずに父に伝言したのだと思います。
この、意地っ張りさは・・・・遺伝なのかな・・・。

折り返し連絡することになっていたので、渋々電話をしました。
久しぶりに、心臓がバクバク・・・波を打った気がします。
デカ嬢は、気を遣ってくれたのでしょう。私が電話をしやすいようにと少しの間散歩に出てしまいました。

案の定、電話の向こうの父の声は・・・・優しかったです。
差しさわりのない陽気の話をしたり、体調を気遣ってくれたり・・・。
旅行は手術の翌日かららしいです。
「手術当日、ずっと居れなくて悪いけど、どうしても行かないわけにはいかないから。悪いな。」
と・・・。
今回は、病気じゃないからいいんだよ。当日だって無理しなくても大丈夫だから。と言いましたが、8時間近くもかかる予定の手術じゃ、大変だよ。と。

前回は長かったので、早朝から手術が終わった23時過ぎぐらいまでずっと居てくれたそうです。
終電で自宅へ帰ったと聞いています。
やっと振り絞って出てきた言葉は「心配ばかりかけて、ごめんなさい」でした。
多分、言いたいこともグッと堪えていてくれたんでしょうね。
ありがたかったです。

手術を終えれば、今度は自分との戦いです。
肝心のがんによる術後の痛みと、今回の傷と痛みもしかり・・・。
でも、その痛みも生きているからこそ、感じ取ることができると自分自身の一部であるんだと
馴染めるまで・・・。うまく、共存していけるよう。
仕事の再開も始まります。
前を向いていかなくちゃなりませんね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「がん体質」ってあるんでしょうか。
今回、右耳が病魔に負けました。が、実は左も悪いのです。
ただ、そこまで悪くはないのですが、もともとは左の方が痛かったのです。
たまに、耳鼻科で診てもらいますが、さすがにDrも
「左もなっちゃったら、大変だからね!触らないで!なりやすいかもしれない」
確かに。。。
左は運が良く、大丈夫だったのか、右が運が悪かったのか・・。
同じような状況でもがんにならない人もいるはずです。

私の叔母はがんでなくなりました。
最後は全身転移でした。大好きな叔母で母のように慕っていた人だったので
もう亡くなって何十年も経つのに忘れられません。
子供にも恵まれず、独身でした。
あと、母の兄弟の何人かもがんです。
祖母は高血圧。
祖父は腸閉塞。今で言う、大腸がんだったのかもしれないですね。
私が生まれる前に二人とも亡くなっていましたから・・・。

私の母は、血圧は高いですが、子宮筋腫(子宮・卵巣摘出)以外は大病をしていません。
行きつけの医者にも通い、健康管理をしています。
父は、何だかんだと手術や入院はしていますが、具合が悪いと思うと病院へ行く人なので
薬は飲んでいますが、元気です。
二人とも元気に過ごしてくれて本当にありがたいです。

でも、隔世遺伝・・・遺伝体質は・・・あるんでしょうね。
さいきん、そんなことチラッと浮かんできたりします。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-18 20:10 | Comments(14)

苦い・・・・思い出

なんと蒸し暑い一日の始まりだろう・・・。
秋・・・9月も半ばで折り返しなのに。
10月になれば、一気に秋めくのか・・・
夏と秋の駆け引きみたいな9月の陽気。

ほんとに最近、真面目に?更新中(笑
きっと、本音を書きたい時は戻ってきたくなるんだね。
・・・もちろん、そのためにあちら(mixi)もあるんだけど。

昨年の今頃とあるヒトに、
‘複数の日記を使い分けるなんて気が知れない。自分には考えられない。‘

と、指摘された。

あのころは、今以上にココロが不安定で、それこそ退院もソコソコの病み上がり状態だった。
不安な気持ちの裏表をどうしようもなくて、自分自身の逃げ道として
病気には一切ふれない場所をひとつ持った。
ほんとに他愛のない世間話で気が抜ける場所。
もちろん、そこでのやり取りもやはり、みなさん優しいし、居心地もいい。
こことリンクされている人もいるけれど、きちんと区別して付き合ってくれている。


まもなく、そのご指摘人もどちらにもお顔を出すのだけれど、その方もある病を
抱えている人でした。

人それぞれに表には出さなくても悩みはある。
心身、ココロ、仕事、勉強、環境、・・・・たくさんたくさん・・。
人それぞれが、模索しながら生きているわけで。

私のココロが狭かったのか、どうかは分からないけれど、とてつもなく傷ついた一言だった。

今になれば、人それぞれだからいいのよ。と言い切れるし、そう、やっていくことも
私は、今のところできていると思う。・・どうにかだけど(^-^;

この歳になり、人間関係は出来るだけ穏やかに済ませたい。
どうしたかと言うと・・・・。一番悲しく、したくなかったけど・・・。
その人とのつながりの糸は、ぷっつりと切った。
そうしないと、そのままにしておくと私の大切なブログメイト達すらも
指摘対象の標的になりかねなかったから。

自分にとっても悲しい行動だけど、どうしても許せることが出来なかった。

ブログを初めて以来・・いや、近年もその前も、そんなことしたことなかっただけに
ショックは大きかったなぁ。

そんなことを思い出す、一年後の今頃。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-17 09:19 | 旅 カメラ | Comments(16)

終わった長い夏

秋だと思うんですけどね・・・この時期は・・。

空も吹く風も秋なんですが・・・
気温と陽射しと湿度が残暑なんです。

昨日は朝から出かけて、夜9時ごろ帰ってきました。
帰ってきても、デカ嬢はゼミ合宿で泊まりでいないし、チビ嬢は食事をして帰ってくるので
帰りは遅いし・・・。
ま、一人なんですけど・・・。

お友達のお母様と一日ご一緒して、帰りも「ご飯食べて帰らない?」と誘われましたが
さすがに疲れはピークに達し、帰ることにしました。

いやぁ、帰りの電車では、胃は痛くなるし・・(胃なのかなぁ・・・)
モガキタイ程の痛みを我慢して帰ってきました~ε-(;ーωーA フゥ…
なんだか、今も変です。


チビ嬢も帰ってきたのは23時過ぎ。
今朝は、最後の楽器のお手入れに学校へ行きました。

あ~、今日は日中誰もいないからのんびりするかぁ・・。
なんだか、疲れが残っている一日の始まりです。

ええと・・・。

コンクール結果ですが。
33校出場中   金賞・・11(うち代表 3校)
           銀賞・・10
           銅賞・・12

見事GOLD金賞を頂きました。
が、代表校には選ばれませんでした。

本人もやるだけの事をやったので、スッキリしていましたよ。

一昨年(1年生)は、代表校になり、東日本大会(最終大会)で銀賞
昨年(2年生)は千葉県本選大会で終わり。
今年(3年生)は、東関東大会金賞です。
最終大会まではいけませんでしたが、部活始まって以来の記録更新を
在籍中に残せたことはすごいことだと思います。
部員の子供達のがんばりを褒めてあげたいですね。

お疲れ様。そして・・・・感動をありがとう!です。
[PR]
by nori-0726 | 2007-09-16 10:32 | Comments(8)