カテゴリ:病気・通院・健康( 58 )

はちゃめちゃな夢

ふ~っ(*_*)・・朝は変な夢を見て目が覚めた。
それも、一度目が覚めてトイレに起きてまた、寝た時に続きの夢を見たのだ。

これから暫く毎週金曜日をお休みしたいために、提出してあるシフト変更の手続きをするのに、
みんなから主任は機嫌が悪いよ。と言われ、では、上司の副部長へ話すか・・と
そちらへ向かうと、そこには主任が今にも爆発しそうな剣幕で部長に何かを話している最中。
こりゃ、いかんわ・・・とそっとその場を離れると、今度は
母をつれて北海道へ行かなくてはならないという。
それも、出発は13時30分。
なんで、北海道?どうして連れが母?そんでもって13時30分って・・・。
大丈夫、大丈夫間に合うから。と、焦りながらもせっせと荷物を詰めている私がいる。
ん~、ここはどこなんだ?

果たして、シフトの変更はできたのか・・・
北海道へは無時に行けたのか?
なんだか、その北海道編はよくわからない。
シフトについては下記の理由が合って頭に残っていたからだわよね。
しかし、それにしても・・・



先週は博多へ行ったり、通院があったりで一週間丸々お休みを取った。
といっても、前の月に出している申告シフトなので後ろめたさもなく、堂々と休んだのだけど。
博多から帰って来てから、まぁ、やっぱり職場はどうよ?と状況は知りたい。
仕事の進み具合とか、諸々の状況とか・・。
メールを2人にしたところ、案の定・・・絵文字は噴火マークだった。

当然休が出て、人が足りずにめちゃくちゃ忙しかったり、データ保存の仕事が進まなかったり、
上司(女性)はまるで、若年性更年期の如くご機嫌も悪いようで・・・
↑これは、セクハラとかじゃなく、本当の話なんだもん。勿論、ご本人は知りません。
体も、精神的にもボロボロだということが、共に2人からの返事だった・・。

そんなことが頭にあったためか夢になって現れたか・・・。

実は、先月末から術後後遺症となった慢性疼痛治療をやっとの思いで同じ大学病院のペイン科
(正式にはペイン・麻酔・蘇生科)で治療が始まっている。
投薬と今は星状神経節ブロック注射を受けに毎週金曜日に通っている。
このブロック注射は痛い。
瞬間的だけど、痛い。
ただ、どのくらいの効果が出るかは今のところわからない。
そして、処方されている薬の飲み合わせを今、少しずつ変えて調整中で何が何時だっけ?状態になっていたりで・・・(^_^;)
薬からくる眠気を如何に日中の仕事に差し支えないようにするかが今の課題。
薬の種類も状況により変更したりの先生と共に試行錯誤中。
ただ、治療を始めるまでに時間がたち過ぎていたことがどれだけ効果として出るかは、これもわからない。
そんな治療のために毎週金曜日はペイン科へ通いたいのだ。


星状神経節ブロックについて 首の交感神経の一部である星状神経節を局所麻酔薬で一時的に麻痺させる方法です。この方法では首に局所麻酔薬を注射します。頭から胸、腕までの交感神経の緊弱め、血流を良くすることで、痛み、しびれ、麻痺などの治療をします。
[PR]
by nori-0726 | 2011-06-12 18:26 | 病気・通院・健康 | Comments(2)

待ちぼうけ

11時の予約。
初診なので早めに来て、院内からの紹介状もあるのに、

12時過ぎに「午後になりそうなので、食事をされて2時にまだこちらにお戻りください。」って。

確かに受付クラークは気にして何度も声は掛けてくれたけど。
午前中で済ませる予定だったのになぁ。
[PR]
by nori-0726 | 2011-05-27 12:47 | 病気・通院・健康 | Comments(2)

痛い イタイ (><)

真夏のような気温の高さと雨が降る前の湿度がある、ジト~ッとした暑さでした。
爽やかなイメージの5月からシトシト雨の6月へとあとちょっと。
今年の夏は節電ということで、どう乗り越えていくか・・・。
上手な電気の使い方、シンプルな生活が何でも揃った今の時代からちょっとタイムスリップした
ような状態になるのかなぁ・・。
と、思いつつも一度味わった蜜の甘さは、そうそう忘れられません。
今に限らず、少しずつシンプルな暮らしを始めることが大切なのかもしれませんね。
まずは・・・不要なものを片付けて、見た目にも実際にも風通しのよい生活か・・。
う~ん。課題は大きいなぁ…。


午前中、夫から携帯に不在着信が届いた。
「今、病院なのであとで電話します」とメールを返したら即座に
「具合悪いのか?!」との返事。
すみません。ビックリさせたようで・・・。
実は今週始めに左手くすり指の爪角辺りが赤くなり、化膿してしまった。
特に爪を切るとかしていなかったのだけど、以前にも何度か同じ個所を可能させたことがあって
普段でもその個所は去るとちょっと痛かったりする時もあったり。

今回は、あれよあれよという間に化膿してしまい、さらには襖にその指を挟むという失態。
米粒ほどの肉腫が出来てしまい、仕方なし・・で近くの総合病院の皮膚科へ。

状態をみた先生は、
『ヒョウソウ』ですね。この状態だと抗生物質が効くかもしれないので、5日間飲んでください。
指を良く石鹸で洗って、乾燥させてゲンタシンを塗ってください。
薬の効き目が5月末~6月の始め頃。その頃にまだ、状態が良くならなければ形成外科で
爪を剥がして膿を出す手術をしてください。
形成外科は・・・・・週2回の外来で・・・云々・・・。

うえ~っ!!
形成外科で手術ですと!!?
しっかりと形成外科の案内なんてもらっちゃって・・(-_-;)
6月初めは博多よ。
10日にいつもの病院で形成外来があるからそこで相談しちゃだめかね(^_^;)

しっかりきちんとお薬飲んで、治りますように~。
・・なんだか、薬ばっかり増えていく・・。


オオシマサクラのサクラの実。
たわわに実が付いているけれど、これって食べられないのよね?

f0114900_2041099.jpg

f0114900_2041084.jpg

[PR]
by nori-0726 | 2011-05-21 20:41 | 病気・通院・健康 | Comments(4)

お茶の水

なんと、ゴールデンウィークが終わった途端に台風1号も発生し(熱帯低気圧になったけど・・)
全国各地、梅雨の走りのような雨模様。
気温も真夏のような暑さになったり、今日は冷えて肌寒い。
乗ったバスではヒーターが点いてました。

今日は、先月地震の揺れによって行けなかった頭頚部外来の日。
殆ど今まで、お天気に恵まれて晴れ女でしたが、今日はどうにも・・雨降り。
でも、それほど降るわけでもなく、霧雨程度でしたが寒かったぁ。

久しぶりに行った外来。
あれれ?場所が変わってました。
同じフロアには三ヶ月毎に通う内科があるけど、このひと月で配置がかわったのね。
もしかしたらこの間の震災でかもしれない・・・。

そうそう!★☆
もう、4年ぶり?例の入院時の担当医だったイケ面クンが戻って来ていたのですよ(*^_^*)
手前の診察室でいっちょ前に患者さんを担当していた。
出てきた姿を見た時にあれ?イケ面クンかな~?ちょっとぽっちゃりしたかな?
いや、貫録?(笑
私の診察の時に主治医にその話をすると、わざわざ呼んで連れてきてくれました。
「覚えてる?5年前に君が研修医のころ担当したnoriさんだよ」と言うと、
「あ~!覚えてますよ!!外科の○○先生と手術した~!僕も途中で救命に行っちゃたんですよね。
退院してから一度、化膿したって、救急外来にもきましたよね~」って。
そうそう!!ビンゴビンゴ☆(^◇^)
「1年前に戻って来ました。チョッとお腹が・・」と、貫録の付いたお腹をさすってました。
また、何かあったら・・・と言いかけたら主治医は尽かさず
「また何かあったらこまっちゃうだろ~」と。
その場にいた医学生クンが目を丸くして聞いていました。

うふふ(^v^)会えてよかった~♪

さてと、本題。
今年で本当に5年。
8月にMRIを撮り、結果によってPETを撮って結果に異常がなければこれで頭頚部外科
「外耳道癌」としての治療は終わります。
外見からでは、わからないのでまずは、画像を撮らなければならないのです。

そして、あれぼど私がいままで悩んでいた痛みや違和感に対して
院内のペイン科(麻酔科)を紹介してくれることに。
耳から、首への痛みは高確率で良くなるらしいよ。と言っていた。
ただね、愕関節部分の骨の一部を取ったり、神経を切っているからその痛みなんだろうなぁ。
と、いうのですが・・・。
でも、あれほど話して、形成の先生にも話をして外部の病院への紹介状を前回頼んだりしているのだし、電子カルテだから、どこの科も見れちゃうわけでしょ。
ならば、さっさと紹介してカルテを回してくれればいいのに・・・。

外部病院のペインクリニック科は今、凄く混雑しているらしくてHPに
新患は一日に見れる人数を制限していると書いてあった。
紹介状を持っていっても、基本は紹介状を持参の診察だから診てもらえる可能性はすくないかも・・。
と、ちょっと不安になっていた。
もしかしたら、形成の先生から主治医へそんな連絡がいったのかもしれない・・・。

主治医のというのは、この間、テレビで頭頚部外科教授やらと一緒に手術記録画像に出ていた準教授。
私の手術にも教授、主治医の準教授を始め、複数科の先生方が参加して行ってくださいました。
トップクラスの先生方に治していただいたことは、やはり恵まれていたのね。

この、外耳道癌・・・今、とても患者数が増えているんだそうです。
今まで扱ってなかった隣のJ大病院も扱うようになっていました。
あの時は、ほんとうに珍しかったのに・・・。
変な話だけど、患者が増えるということは、これから先々もっと有効な治療法が生まれるかもしれない。
一般的な癌だけでなく、こんなマイナーな癌だって、治療法がどんどん進歩しますように。

あ、そうだ、ペイン科へは今月27日に行くことになった。
明日、年休手続きをしなくちゃ。
この日は、職場で震災の復旧作業のお疲れ様として、ケーキにお茶の日だった・・・(*_*)
[PR]
by nori-0726 | 2011-05-12 17:36 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

まぁね

夕方、病院から電話があった。

「何かあったら連絡しますが、なければ変更予約できてください」
との科の受付嬢に言われていたのですが・・

「先生から変更日の予約を午前8時30分と入れてあります。が、午前中に来れる時間帯で良いそうです」
とのこと。
11時の予約だったけれど、ここいら辺が担当医の優しさなのか、空いてる時間に診ちゃうよなのか・・。
良い方に解釈しておこう。
[PR]
by nori-0726 | 2011-04-12 20:10 | 病気・通院・健康 | Comments(3)

延期

昨夜から大きな余震が続いています。
今朝は、とうとう、千葉県北東部を震源とする震度5の地震がありました。
ここは、震度4でしたが、その関係で電車が止まってしまっています。

都心に出るのには、この線しか電車がありません。
運転再開したとしても、到底病院の予約時間には間に合いません。

・・・・「地震で電車が止まってしたっまっているので予約時間に間に合いません。再開しても何時に着くとは、わからないです。午後からでも大丈夫ですか?」
と病院に連絡。
『何時頃になりますか?』と聞かれること数回。
・・・・「(だから分からないっていっているのに)、ちょっと、わからないです」 
なんとも要領の得ない会話を繰り返し、今回はキャンセルとしました。
次回は5月12日(木)。
相変わらずお忙しい先生ですが、先が・・・長い。

ま、この方が精神的にも良かったかもしれないです。

チビ嬢がこんな中、就活で出かけて行きました。
電車の運転再開の様子を見て、説明会に行くかを決めるということで、駅にいます。
昨夜もお嬢達は、電車の遅延で夜遅くに帰宅となりました。
無時に安否が取れて、二人の顔をみて、胸を撫で下ろしました。

こんな時は、何処に居てもどんな状況に見舞われるか分かりません。
十分に気をつけて・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2011-04-12 10:29 | 病気・通院・健康 | Comments(2)

シャララ・・・

何の意味のないタイトル名です。
ふと・・頭に浮かんできたから・・・(笑


久々の・・今年初の台風襲来から 
以前にまして朝晩は特にしっかりと秋を感じられるようになりましたね。
日中の気温はまだまだ高いけれど 肌に触れる風はちょっと冷たい。
夕方の西日からの影法師が長く伸びてきました。

それに、朝晩は肌寒くも感じ始めています。
桜並木の葉はそろそろ落ち始め、ひと足先に秋の絨毯を味あわせてくれます。

さて、今日は3ヶ月振りの形成外科と内分泌科の診察日でした。
相変わらず病人って多いですね・・。終わったのは午後2時過ぎ。
本日の内分泌科では、採血の結果がしっかりと今の体調を数値で出してくれました。
次回の診察日までの薬をだっぷりと頂いてきました。

なんで、お年寄りってあんなにたくさんの薬を貰うんだろう?
って昔、よく不思議に思ってました。
量が多くて持ち切れないから小さな取っ手付きのビニール袋に入れてもらって・・
いやはや・・既にもう、その域に入っちゃってます(涙

内容についてはアチラへ。
そう、変化があったわけじゃないけどね。

なんだか疲れて、珍しく帰りは病院近くのスタバで一休みしてまっすぐ家に帰ってきちゃいました。
場所柄、予備校生が多かった・・・。

あ、ワインをグラスに注ぎすぎたみたいです。あらら~♪
[PR]
by nori-0726 | 2010-09-10 23:35 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

経過観察 

f0114900_21544940.jpg

今年で5年間の経過観察期間が終わります。
長いようで、本当に長かったのかあっという間だったのか・・・。
必死に生きてきた気がします。

そして、瞬間的に不思議に気持ちのどこかがふわっと軽くなるのがわかりました。
・・・二度と、入院したくない・・。この科へ通うことはしたくない・・。
直感的に感じました。
腕前のすばらしい主治医や医療チームではありますが、でも、そういうものではないですよね。
9月のMRI検査が最後の検査となります。
いままでは、結果は電話で済ませていたけれど、最後だからか結果は受診予約がはいっていました。

「何もないといいね」と、主治医の言葉に送られて今回の診察は終わりました。


最後の結果をまた、その時に書こうと思いますが、
まずはご報告。

そして、支えてくださった皆さんへ
抱えきれないほどの感謝を・・・本当に心から・・・ありがとうございました。

あちらでのブログにもアップしてあります。
[PR]
by nori-0726 | 2010-06-06 00:04 | 病気・通院・健康 | Comments(2)