カテゴリ:病気・通院・健康( 58 )

退院~後

初めの予定通り12日に退院しました。

手術の時間は3時間半。
予定の時間より少し長くなったようです。
実際に手術が始まり、親指と人差し指の関節がぐらぐらしていたようで、
その部分に針金で固定してあるそう。
次回の退院後の外来で、抜くそうです。
その痛みに聞いてみると「幹部に注射した時くらいの痛さかなぁ」と、言われましが、
ってことは、痛いでしょ!
病室に戻ったもは何時?
ここが付き添いのいない不便さ。
でも、泊って看病できるわけでもなく、真っ暗でした。夜だったってことよね。
一度、痛みが強く座薬を一度。
あとは、熱が出てしまったので水枕をしてもらいました。

日常は右耳側を下にできないので、病室のベッドも左を向ける配置にしてもらっていたけど
どう、考えても右手を吊って左向きは無理が。
それに痛さでそれどころでなく、しっかり左向きに。
仰向けで寝ていたけれど、酸素マスクが外されてから腰の痛さに何度か看護士さんに
横向き体位に直してもらいました。

術後の痛みについては、麻酔が切れてからは非常に辛い。との情報を得ていたのだけれど、
座薬が一度で済んだのは、実は麻酔医の先生が上手に調節してくれたそうです。
通っているペイン科の主治医が翌朝、お見舞い?様子を見にきてくれました。
最終の手術ならば麻酔担当で立ち会えるかもしれなかったのですが、残念でした。
が、退院時にペイン科外来に診察を受けた時に、自分が担当になったら同じような配分で
麻酔してくれていたようです。
ほんとに、楽でした。
痛み止めの薬は、整形外科で予定されている薬よりも提出した薬のほうが強いので、相談しておきます。
と、入院当日の病棟薬剤師の人に言われたのですが、
結局持参の薬でまかなえました。
ま、これ以上強いのはほぼ無い。というので、さすがにびっくりぽん!でしたよ。

入院中の術後の経過は順調。
平日の体温が今まで35度台だったのですが、入院中は前日37度前半。
この体温の上昇は、ペイン科でツムラ18番の処方のおかげだと思います。

退院後は、数日夫が帰ってきてくれていたので、いろいろとほんとに助かりました。
そして、右手のい親指は動かさずに、できるだけ心臓の高さほどに上げていてくださいね。
と、言われたのですが・・・無理だから!!
ウズウズズキズキとなるのは、良くないので・・・すでにしてるし!!
[PR]
by nori-0726 | 2016-02-18 14:12 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

手術のお時間です

f0114900_00525619.jpg

一つ、私の前の手術か外来手術へ変更になったそうで、
予定よりも早い14時40分に手術室へ入室となりました。
来てくれていたでか嬢は、彼女の娘の通う保育園のお迎えやらで、一緒にエレベーターに乗って手術室のある階で降りる私を見送ってくれました。
さて、ここからは手術から翌日のお昼に夫が鹿児島から来てくれるまで、一人の闘い?です。
看護師さんと手術室の看護師さんと引き継ぎ。
麻酔科医の先生もお顔を出してくれて、よろしくおねがいします。と、ご挨拶。
手術室は予定の1号室。
ベッドに横たわり、酸素マスクを当てられて数回深い深呼吸。
確保されている点滴から麻酔の点滴も加わり、ジリッと痛みがあった後…。
noriさん、わかりますか?終わりましたよ。の声で起こされて、そのままベッドへ移されて病室へ戻りました。

麻酔が切れた頃、痛みで座薬を。
今回の病室へ戻ってからの酸素マスクは良い具合にマッチして呼吸も送られてくる酸素に助かりました。
一度、熱が上がり水枕を。
その後は、熱も下がり、今度は腰が痛いのなんのって。
何度かナースコールで体の向きを変えてもらいました。

翌日夕方、執刀医の先生からの説明で、関節症のほかに、親指と人差し指の間がグラグラだったそうで、針金固定をしてあるそうです。手術時間は3時間半位でしょうか。
無事に終わり、傷口も綺麗に、親指の位置もとても良い位置に治して下さいました。
ありがとうございました。

また、手術の明けた翌朝早くに、麻酔科の主治医が顔を出してくれました。
1月に予定通りにしていれば、その先生が麻酔に入ってもらえる予定でした。
また、手術が最後の時間帯になったとしたら、その日は当直なので麻酔に入れそう。とも、話してくれていたのですが…。
ところが、今回の担当してくれた麻酔の先生は、先輩だったらしく自分がしてあげようと思ったくらい、術後の痛みが和らぐように調節してくれていたそうです。
道理で、物凄く痛みが出ると情報があった割には、ほんとに楽でした。
勿論、痛みはありましたよ。
その先輩も急遽担当代えで私の所の持ち場になったみたいです。
ラッキーだったね!!と言われて、つくづく頷いた私です。

その後、順調に回復しつつ、いまはシーネ固定で12日退院しました。






[PR]
by nori-0726 | 2016-02-13 00:12 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

今度こそ、

私の番です。
明日、手術うけてきまーす
[PR]
by nori-0726 | 2016-02-08 20:44 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

決まりました

へんちくりんな気温が続いていますが、今日は久々に肌寒く雨降りです。
でも、思ったよりも外は明るいし、気温もまだ高め・・・。

さてと、来年の1月末に前々からどうする?で悩んでいた
右手拇指CM関節炎の手術を受けることになりました。
ほんとにね~。階段から転げ落ちて剥離骨折しその際のレントゲンで発覚したわけです。
当時のペイン科担当医のなっちゃん先生(懐かしい!)が整形外科へ院内紹介してくれたおかげでわかったのです。
思えば、何年も前から痛くてはいて、近所の整形外科へ通っても湿布薬投与で病名も付かなかったのです。
痛くて、整骨院へも通ったけど、これも・・・。(灸なんかもやったけど効果なしだった)
そのころは、耳の疼痛の方が酷かったし・・・。

整形外科の先生も剥離骨折よりもCM関節炎の症状が結構進んでいて、いずれ来ますよ!と
予言師のようなことを言ったし・・・(笑)
結局、骨折よりメインはこちらになってしまったわけで・・・。

途中、手の専門のとっても有名な先生に代替えで診てもらっていた時に、あの時手術してもらえばよかったと今は少し後悔・・・。
だってそんなこと知らなかったし、諸所の都合(デカ嬢の出産、夫の入院とか・・・チビ嬢の入院とか)で
自分のことは二の次になってしまった訳で。
でも、そんなことは、もう、言っていられません。
これからの人生で自分のことすら自分でできなくなってからでは遅いし、回復率も考えたら・・・。
夫の了解も得て、(夫は早く手術しなさい!と言っていたけれど・・それって、どうよ)
職場にも話をしてあるので、どうにかクビにならないかな・・。あと何年務められる?
これで職を失ったとしても、それはそれで仕方ありません。
体の方が大事です。・・・・と思えるようになったし。

CT・MRIはいつもの外注検査クリニックだし・・・。あそこですよね~。と受付秘書の人と慣れた口調も・・。
入院は手術前日。手術は全身麻酔でだいたい2時間。入院期間は術後の痛みの状態をみて3泊~4泊。
今までの入院手術に比べたら短い短い。
一度目は、退院未定・・・になっていて偉くどん底まで堕ちた気持ちになったくらいですもの~♪
慣れてしまうのもイケないですけどね。。
なので、退院の時だけ夫には来てほしいと言いましたけど、手術当日も行くからと来る気満々。
これもどうなの?(笑)

とにかく、術後の手を見て多分、どっと落ち込むであろうと予測しています。
右手が使えない生活が約2ヶ月。
化粧はどうする?髪はどうする?生活は現在一人で暮らしているのでどうにでもなるけれど、
人前に出る時が悩みです・・・・。 ←ふつう、こういうこと悩む?変かしら・・・。
あと、お布団干したかったりするよなぁ・・・。

年末年始は、術前検査とか、いつもの通院とかで週末はほとんど病院・・・。

復職のために今から左手でテンキ―打ちこみ練習でもしておきますか・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2015-12-13 13:11 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

およよの拇指CM関節炎

ほんとにお久しぶりの投稿となってしまっています。

夫は鹿児島で、最近は精力的にお休みの日にはあっちこっちパトロール(笑)しているようで、
昨日の早朝の揺れにはさずがにビックリした模様。
鹿児島の地震なんてあまりないし、桜島が噴火してもそう、揺れている事も無いみたいで。
関東東北地方の大地震も福岡の大地震も経験していないので、運の良い奴と思っていましたが。
震源地はマグチュードM7というのだからそりゃ、驚くわね。
引っ越しの時も、揺れを配慮しない片付けをしたので、悪かったな~。
でも、被害は自宅の部屋もマンションも、職場も無かったようで、一安心です。
いぜん、隼人に支店があったころ、そこの持ち主は「ここは地震の大きな揺れはないから引っ越してきたら?」なんてこと、言われてましたケド・・・・。

さてと、私の手についての話はこちらに書いているので。
1ヶ月から3ヶ月のスパンを置いて成形外科に診てもらっているのですが・・・。
なんでも、やっぱり、私の診てもらっている日は「手専門日」らしいのです。
そういえば、主治医の先生が暫く留守の間、違う先生が診てくれていたのですが、
その先生が手術も考えても良いかな・・・といわれていたのですけど、その先生実は凄い有名な先生であったこと、最近知りました!
専門とは知っていましたけど・・・ただ、残念、転勤してしまい、また、もとの先生に戻っています。
もちろん、きっと今の先生も専門医なのでお任せして大丈夫なのだと信じていますけども。。。。
できれば、その、有名な先生にお願いしたかった手術。

というわけで、なんどか痛い関節に痛みどめを打ってもらっているのですが、あまり状況も変わらず
更に人差し指や手の甲、手首肘までと痛みが出始めているので、今以上悪くなる前に、年も重ねない今のうちに手術しようかと思います。
前回の話では、これからの冬休み、春休み夏休みと大きな休みは学生が多いそうで、既に12月はいっぱいだそうです。
暑い盛りも嫌なので、来年の1月あたりにお願いしようかと12月の診察時に話そうと思っています。
そうなると、もちろん、何日かの入院。
手術方法については以前話は聞いていますが、詳しいことはこれから検査をしないと組めないそうです。
なんといっても、発端は階段からの転落です。
その部分のちさな骨折に寄って、この拇指CM関節炎を指摘されたのです。
いずれは、痛くて訪ねてくることになると言われていましたが、当たりましたね。
ピアノやギター。更には小さい頃自転車乗りたてで脱臼していることも最近思い出しました。
親指、酷使してたんですね・・・。

ただね~。この拇指CM関節炎手術経過~などとググってみるとブログを書かれている人の記事にヒットするのですが、その画像を見たとたん・・・
右手だし・・・。生活はどうなる?・・・
ほぼ、一人暮らしの私にとって、食事は>掃除は>洗濯は・・・
更には化粧は?髪は?
えええええっ!耐えられるんかいな!ゾゾッとします。
完治まで3ヶ月?職場に了解もらったのは1ヶ月・・・。この差どうします?
左手と口と足は元気です、とは言ってみたものの、右手使えないとね・・・無理しても良くないでしょ。と言われる始末。
職場も最近暇で・・・クビにならないと良いんだけどね・・・。
が、しかし、人生はまだ、続きそうなので痛いところは早めに処置が大事です。
同じ病院(科違い)に手術、入院すれば済むんだか・・・はぁ・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2015-11-15 13:42 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

やっぱり~

f0114900_13020600.jpg

痛みどめを打ってもらいましたが液漏れしちゃいました。
関節との筋肉との間隔があまりなく、筋肉も硬直してくるそうです。
隙間を縫って、注液がすこしでも多く入る様に少しずつ少しずつゆっくりと
慎重に注射を打っていただいたのですが、
その、隙間を縫う・・っていうのが針を刺した状態で針を移動させるので
これは痛いのなんのって!
いくらペイン科での直頭への注射に慣れているからって・・・((涙。

整形外科での診察は、
最近の状況では、このところ関節炎の痛みで夜、ほとんど眠れず
うつらうつらとしていると1時間ほどしか経過していない・・・・。って悲惨な状態
親指も人差し指側に寄るように筋肉も固まってしまうそうで、これは手術しても普通のように
パァ~って開く様になる訳ではないそうです。
手のひら側の注射を打った生命線からの内側が痛みを伴って大きく腫れています。
他の指、手首、腕、肘へと痛みが流れてきて、中指薬指の動きもぎごちない状態。

前回の注射ではひと月ほど緩く痛みが緩和されたので、
今回再度、痛みどめを打ちどの位の時間の効果があるか・・・。
その時の状態よるので、早く切れてしまう時もあるそうです。
やっぱり、そろそろ手術も考えないとならないかな・・・と先生の見解。
手術の内容は既に聞いているので、いつになるか。。。
ひと月半後の9月半ばに次回の予約があるので、その時の状態により話を詰めていく予定。
ただ、秋は仕事のシステムが入れ替えになる可能性。
習得しなくてはならないと思うので、休めるかが・・・。
途中、痛みがでたら来ていいですからね。と言ってもらえてホッとする・・。

そのご、ペイン科へ行ったのだが・・・
ストレスが溜まっていることによる凝りがあると言われた。
リンパが詰まったりすると凝った状態になるらしい・・。詳しい診察はコチラ→☆

最後に形成外科へ
上記ののことを話したら、まぁ、そうかもしれない。けれど、リンパは見えないからねぇ・・・。
と話していた。

先生も受診科もたくさんあって、たくさんいると色んな見解が出てくるね。
ただし、色々あってもバラバラじゃ困るんだけど・・・な。
[PR]
by nori-0726 | 2015-08-01 13:01 | 病気・通院・健康 | Comments(2)

で、やっと…

明日、退院の予定です。

………母は、疲れましたです。

ま、良かったです。
[PR]
by nori-0726 | 2014-12-12 19:06 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

そして、

声も声帯から音として少し出始めたので出社した。
職場のだれからも‘ど~した?その声!!‘とことごとく、ありがたくも心配され、
帰ることにはこれまた、だれからも‘そんな声じゃなかったけ?‘的な如何にも日常?的な雰囲気で
会話も交わされ・・・・・。

やっぱり、それは予防接種によるインフルだったんじゃないか・・・。と
仕事も暇なら心配するも無責任。
確かに、いままでそんなに寝込むことは記憶に一度くらい?インフルなんてとんでもない!
ってかんじできたから、生ワクチン体内に入れば抗体がない私にはテキメンだったかも・・・。

今年の風邪(インフル)熱は出ずに咳が長引く・・・これって今の私の事じゃん。
声が出てきた代わりに咳が出始めた・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2014-12-02 23:47 | 病気・通院・健康 | Comments(0)

更に、

金曜は喉は痛かったが熱も出ず、軽い頭痛がするかしない程度だったので、チビ嬢と予定通りランチへ。く
帰ってから・・・
咳が出たかな・・・・と
喉の痛みはそのままに声が出なくなりました・・・・・。 

よって、本日の食事会の参加はキャンセルしました。
熱はでないのよね・・・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2014-11-29 15:04 | 病気・通院・健康 | Comments(4)

なんと、

インフルエンザの予防接種後、風邪をひいてしまった・・・。
喉がヒリヒリ・・・残念ながら熱は出ず・・・。
寝込むに寝込めない。

明日はチビ嬢とランチの約束。
明後日は職場の同僚とランチの約束。

こんな時に・・・・。

いや、がんばって行ってくる~。
[PR]
by nori-0726 | 2014-11-27 22:47 | 病気・通院・健康 | Comments(0)