泣きのリハビリ・・

術後7週目となりました。
傷口もかさぶたが取れたのできれいになってきています。といっても赤く周囲も腫れてます・・。
腕の腱を取った4つの縫合箇所は、ひとつは完全に自由に動きます。
残りの3か所は皮膚の下にコリコリと癒着状態が続いています。
手首とCM関節箇所は、先日一ヶ所から糸が出てきて、その先が触れると全体に痛みが走るので
度胸をきめて、引き抜きました。冷や汗ものでした。
飛び上がるほど痛かった・・。抜糸を思い出しました。

縦に走る縫合跡は右側と左側、親指に向かってと痛み型が違います。
ピリピリ、ジリジリ、ズキズキといった感じ。
親指付け根から指先にかけては痺れとビリビリ感と触った時に違和感を感じます。

やっと親指と人差し指でOKができるようになったら、
今度は親指と小指の先を付ける練習。
親指CM関節から小指付け根に向けて倒す練習(手のひらにもつかない・・・)
これを10回ずつ。いちにち10回・・・。
手首を前後斜めに曲げるのも10回。
もう、泣きたくなるほど痛い・・・。

なんといっても一番の苦痛は、筋肉がおちたこと・・。
手首を上げるにも重くて腕が痛くなる・・・。
今使っている装具もその時の私の手に合わせて作ったにも関わらず、2回も緩くなり修正。
また、手首の傷が当たるために、行くたびに調節。
OTの先生も「この間、ちょっときついかな~と思うくらいにしたのに・・・」
今回からは、家の中では外していてもいいそうです。
ただし、外出時と寝るときは着けてくださいね。と。
それと、自分で広げた親指と人差し指の広がり分のモノは握ってもいいそうで。
ただし、重いものは持たない。さらに広げようとはしないこと。←せっかく金具で固定したのに緩む可能性があるそうです。
手のひらを上に向けて、指4本(親指除く)で軽い袋は持ってよい。
ただし、親指には負担はかけないこと
このただしについては、匙加減が難しい・・・・とOTの先生も言っていた。

整形外科の診察時には主治医から上記の内容をOTの先生とかぶって言われる。
そりゃそうだ、主治医から連絡が入っているんだものね。
それと、noriさんは傷に対して敏感(過敏とは言わなかった)症があることを聞いているので
痛みについては気にしているんです。
って。
最初?私は痛がりなのか?と疑問をもったまま診察を終えた。
だが、順調に回復中。
4月の半ば過ぎには徐々に動かせるかな・・仕事もそろそろ出来そうかもしれませんが、内容にもよるけれど・・・。
重いものは5月半ば過ぎくらいにはもてるようになるかな・・・。
整形外科は次回は2週間おき、OT(リハビリ)は最低週1回は通ってね。
と言われた。

その私は痛がり?確かに、抜糸のときは今までになく痛かった。
いろんな手術?を受けたけどこんなに抜糸が痛かったのは初めて。というくらい。
私は、まだ、早いんじゃない?と思ったけどね。

そんな気持ちを持ちながら、形成外科へ(ややこしい)
久しぶりのご対面の総合主治医を受けてくださった先生(耳の手術後すぐに移動してきた)
(手術時の先生は異動になり、そちらへ来れるのなら来てくださいと言われたけれど、遠くて断念。
そのあとに着た先生が今の総合主治医。初の診察前から電話で連絡をくださり、癌センターでの
耳鼻科の先生を良く知っていて、実際に私が通っていたときに居たそうです。
とてもご縁があって、術後の移植手術や腰、など何度かお世話になっています)
~長かった説明・・・。
そこで、先生に私は痛がり?ってことですか?って聞いたことろ、「痛いものは痛いもんね」と
適切なご返答・笑
あとは、諸々いろんな話をして終わった。

あとから考えてみたら。。。過敏症ってことだよね。
ペイン科にご存じのごとく手術後遺症:末梢神経障害疼痛で5年ほどかかっているんだもの。
今回の手術では、ペイン科の先生が痛みに対していろいろと対処をしてくださっていたので
整形外科の先生はそれを指しているのだと・・・。
今回の手術でもどんなに成功しても私自身が疼痛を起こす可能性は無くはない訳だ。
この縦に走る縫合跡がこれから順調に回復してくれますように・・・。

仕事も今月末からと職場には言ったけれど、まず無理・・・。
4月半ば過ぎに延長でお願いするしかない・・。
どちらにしても、リハビリついでに明日から5日ほど装具を手につけて鹿児島へ行ってきます♪
コロコロ・・・左手で引っ張れるかしら・・・。
泣きのリハビリもちゃんとしてきます。
[PR]
by nori-0726 | 2016-03-19 20:12 | 病気・通院・健康 | Comments(0)