さて、次は

f0114900_17224942.jpg


*スマホからの投稿。相変わらず画像が大きく済みません。

先週の金曜日にシーネギプスが外れました。
手術してから約4週間弱、ギプスの中で腕や手が緩くなっていました。
ギプスとの境の腕や手の甲の筋肉が重さと固さで張ってしまいました。
*電話したのに、繋いでもらえなかったことは、しっかり抗議しました。
繋いでもらえる手段も教えてもらいました。
が、もう、電話することは無いかも…。

一番上の傷口から手の中で固定してある金属の端が出てきてしまったところを先生に言うと、そうなることもあるそうな…。
ふう~ん…そんなことあるんだぁ…の世界です。
レントゲンで金属が折れていないかを確認したら、バッチリ親指と人差し指の根元の骨のところに固定されていました。
出来ればあと、2週そのままにしておきたいところ、ばい菌が入ってしまうと大変なので、
後に「来週、金属を抜きましょう」と、いうことになりました。

さてと、シーネギプスの後は、リハビリ科の技師さんに手の型に合わせた装具を作ってもらうことになったのですが、
いったい、どんなの?と不安の言葉が四方八方、頭に浮かんでいる状態。

これは何て言う材質なんでしょうか…。
熱湯で柔らかくして、私の手に合わせて巻き付けて作り上げていきます。
結構、リアルな形に出来上がります。
熱が冷めるとカチカチカチカチ…。
マネキン人形の材質のような感じです。
親指と手首を固定させるのが目的と、いうことらしいです。
固くなって凝ってしまった腕の筋肉のマッサージと
親指の第一関節と他の4本の指は、硬直させないように、教わった指の運動を家ですることになります。

結構、これ、シーネより固くてガッツリです。
これもまさしく、ギプスですよね?
半ギプスなので、マジックテープとベルトで固定させます。
お風呂以外は基本的に装着。
全く手を動かさないテレビ鑑賞など(笑)ある時は、外して腕をマッサージ。

前回の傷口の痛みがまだ取れないので、触らないように作ってぐれているのですが、
やはり当たってかなり痛い(>_<)です。
これを2~3週間装着し、リハビリに通いながら終了だとおもいます。よ?(笑)

この装具にしてから、トレンチコートの袖が通るようになり、被りのパーカーも今日、着ることができました♪
少し袖を通して着れる服が多くなったのは嬉しい限り♪016.gif

20日からの鹿児島へは外れてフリーになれるかなぁ~。






[PR]
Commented by paji11 at 2016-03-06 22:11
いまググったらレナサームというものらしいっす。
他の目的にも使えそうな気がしますが、少々お高いです。

くれぐれも無理なさらずに~
Commented by nori-0726 at 2016-03-07 18:47
ちぇきくん
ご無沙汰です。なるほど~。そういうので作っているんですね。
どうも、止めるベルトがムムッ
( ゚ε゚;)
なんともおきに召さない私です。
皮膚からの金属も更にこんにちは状態で、と、言ってもミリ単位の話なんですが、当たって痛いの、傷口も痛いの…。
それでも、頑張って作ってくれている技師さん達に、感謝です。

しかし、他に何に使用するんでしょうね。
by nori-0726 | 2016-03-06 16:44 | 病気・通院・健康 | Comments(2)