退院~後

初めの予定通り12日に退院しました。

手術の時間は3時間半。
予定の時間より少し長くなったようです。
実際に手術が始まり、親指と人差し指の関節がぐらぐらしていたようで、
その部分に針金で固定してあるそう。
次回の退院後の外来で、抜くそうです。
その痛みに聞いてみると「幹部に注射した時くらいの痛さかなぁ」と、言われましが、
ってことは、痛いでしょ!
病室に戻ったもは何時?
ここが付き添いのいない不便さ。
でも、泊って看病できるわけでもなく、真っ暗でした。夜だったってことよね。
一度、痛みが強く座薬を一度。
あとは、熱が出てしまったので水枕をしてもらいました。

日常は右耳側を下にできないので、病室のベッドも左を向ける配置にしてもらっていたけど
どう、考えても右手を吊って左向きは無理が。
それに痛さでそれどころでなく、しっかり左向きに。
仰向けで寝ていたけれど、酸素マスクが外されてから腰の痛さに何度か看護士さんに
横向き体位に直してもらいました。

術後の痛みについては、麻酔が切れてからは非常に辛い。との情報を得ていたのだけれど、
座薬が一度で済んだのは、実は麻酔医の先生が上手に調節してくれたそうです。
通っているペイン科の主治医が翌朝、お見舞い?様子を見にきてくれました。
最終の手術ならば麻酔担当で立ち会えるかもしれなかったのですが、残念でした。
が、退院時にペイン科外来に診察を受けた時に、自分が担当になったら同じような配分で
麻酔してくれていたようです。
ほんとに、楽でした。
痛み止めの薬は、整形外科で予定されている薬よりも提出した薬のほうが強いので、相談しておきます。
と、入院当日の病棟薬剤師の人に言われたのですが、
結局持参の薬でまかなえました。
ま、これ以上強いのはほぼ無い。というので、さすがにびっくりぽん!でしたよ。

入院中の術後の経過は順調。
平日の体温が今まで35度台だったのですが、入院中は前日37度前半。
この体温の上昇は、ペイン科でツムラ18番の処方のおかげだと思います。

退院後は、数日夫が帰ってきてくれていたので、いろいろとほんとに助かりました。
そして、右手のい親指は動かさずに、できるだけ心臓の高さほどに上げていてくださいね。
と、言われたのですが・・・無理だから!!
ウズウズズキズキとなるのは、良くないので・・・すでにしてるし!!
[PR]
by nori-0726 | 2016-02-18 14:12 | 病気・通院・健康 | Comments(0)