峠下

逃げたくても逃げることの出来ない運命がある。
放り出すことは、きっと、意図は実は意図も簡単なのかも知れない。
だけど、やっぱりそれは出来ないし、するべきことではない。と、改めて自分に言い聞かす。
背負うことの難しさ、大変さ
楽なことばかりではないけれど、その裏側にはきっと温かいものもあり、光も、笑顔もあるばす。

自分に課せられた事ではあっても、自分の為にも精一杯頑張らなくては…


お陰様で母は快方に快方に向かい、ほとんど以前と変わらない状態に向かいつつあります。

あとは、老いた両親が少しでも楽に楽しく日々を暮らせるように、努力していきます。

母の様子はまた、追々書き留めて行きます。






[PR]
by nori-0726 | 2016-02-01 10:42 | Comments(0)