決まりました

へんちくりんな気温が続いていますが、今日は久々に肌寒く雨降りです。
でも、思ったよりも外は明るいし、気温もまだ高め・・・。

さてと、来年の1月末に前々からどうする?で悩んでいた
右手拇指CM関節炎の手術を受けることになりました。
ほんとにね~。階段から転げ落ちて剥離骨折しその際のレントゲンで発覚したわけです。
当時のペイン科担当医のなっちゃん先生(懐かしい!)が整形外科へ院内紹介してくれたおかげでわかったのです。
思えば、何年も前から痛くてはいて、近所の整形外科へ通っても湿布薬投与で病名も付かなかったのです。
痛くて、整骨院へも通ったけど、これも・・・。(灸なんかもやったけど効果なしだった)
そのころは、耳の疼痛の方が酷かったし・・・。

整形外科の先生も剥離骨折よりもCM関節炎の症状が結構進んでいて、いずれ来ますよ!と
予言師のようなことを言ったし・・・(笑)
結局、骨折よりメインはこちらになってしまったわけで・・・。

途中、手の専門のとっても有名な先生に代替えで診てもらっていた時に、あの時手術してもらえばよかったと今は少し後悔・・・。
だってそんなこと知らなかったし、諸所の都合(デカ嬢の出産、夫の入院とか・・・チビ嬢の入院とか)で
自分のことは二の次になってしまった訳で。
でも、そんなことは、もう、言っていられません。
これからの人生で自分のことすら自分でできなくなってからでは遅いし、回復率も考えたら・・・。
夫の了解も得て、(夫は早く手術しなさい!と言っていたけれど・・それって、どうよ)
職場にも話をしてあるので、どうにかクビにならないかな・・。あと何年務められる?
これで職を失ったとしても、それはそれで仕方ありません。
体の方が大事です。・・・・と思えるようになったし。

CT・MRIはいつもの外注検査クリニックだし・・・。あそこですよね~。と受付秘書の人と慣れた口調も・・。
入院は手術前日。手術は全身麻酔でだいたい2時間。入院期間は術後の痛みの状態をみて3泊~4泊。
今までの入院手術に比べたら短い短い。
一度目は、退院未定・・・になっていて偉くどん底まで堕ちた気持ちになったくらいですもの~♪
慣れてしまうのもイケないですけどね。。
なので、退院の時だけ夫には来てほしいと言いましたけど、手術当日も行くからと来る気満々。
これもどうなの?(笑)

とにかく、術後の手を見て多分、どっと落ち込むであろうと予測しています。
右手が使えない生活が約2ヶ月。
化粧はどうする?髪はどうする?生活は現在一人で暮らしているのでどうにでもなるけれど、
人前に出る時が悩みです・・・・。 ←ふつう、こういうこと悩む?変かしら・・・。
あと、お布団干したかったりするよなぁ・・・。

年末年始は、術前検査とか、いつもの通院とかで週末はほとんど病院・・・。

復職のために今から左手でテンキ―打ちこみ練習でもしておきますか・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2015-12-13 13:11 | 病気・通院・健康 | Comments(0)