およよの拇指CM関節炎

ほんとにお久しぶりの投稿となってしまっています。

夫は鹿児島で、最近は精力的にお休みの日にはあっちこっちパトロール(笑)しているようで、
昨日の早朝の揺れにはさずがにビックリした模様。
鹿児島の地震なんてあまりないし、桜島が噴火してもそう、揺れている事も無いみたいで。
関東東北地方の大地震も福岡の大地震も経験していないので、運の良い奴と思っていましたが。
震源地はマグチュードM7というのだからそりゃ、驚くわね。
引っ越しの時も、揺れを配慮しない片付けをしたので、悪かったな~。
でも、被害は自宅の部屋もマンションも、職場も無かったようで、一安心です。
いぜん、隼人に支店があったころ、そこの持ち主は「ここは地震の大きな揺れはないから引っ越してきたら?」なんてこと、言われてましたケド・・・・。

さてと、私の手についての話はこちらに書いているので。
1ヶ月から3ヶ月のスパンを置いて成形外科に診てもらっているのですが・・・。
なんでも、やっぱり、私の診てもらっている日は「手専門日」らしいのです。
そういえば、主治医の先生が暫く留守の間、違う先生が診てくれていたのですが、
その先生が手術も考えても良いかな・・・といわれていたのですけど、その先生実は凄い有名な先生であったこと、最近知りました!
専門とは知っていましたけど・・・ただ、残念、転勤してしまい、また、もとの先生に戻っています。
もちろん、きっと今の先生も専門医なのでお任せして大丈夫なのだと信じていますけども。。。。
できれば、その、有名な先生にお願いしたかった手術。

というわけで、なんどか痛い関節に痛みどめを打ってもらっているのですが、あまり状況も変わらず
更に人差し指や手の甲、手首肘までと痛みが出始めているので、今以上悪くなる前に、年も重ねない今のうちに手術しようかと思います。
前回の話では、これからの冬休み、春休み夏休みと大きな休みは学生が多いそうで、既に12月はいっぱいだそうです。
暑い盛りも嫌なので、来年の1月あたりにお願いしようかと12月の診察時に話そうと思っています。
そうなると、もちろん、何日かの入院。
手術方法については以前話は聞いていますが、詳しいことはこれから検査をしないと組めないそうです。
なんといっても、発端は階段からの転落です。
その部分のちさな骨折に寄って、この拇指CM関節炎を指摘されたのです。
いずれは、痛くて訪ねてくることになると言われていましたが、当たりましたね。
ピアノやギター。更には小さい頃自転車乗りたてで脱臼していることも最近思い出しました。
親指、酷使してたんですね・・・。

ただね~。この拇指CM関節炎手術経過~などとググってみるとブログを書かれている人の記事にヒットするのですが、その画像を見たとたん・・・
右手だし・・・。生活はどうなる?・・・
ほぼ、一人暮らしの私にとって、食事は>掃除は>洗濯は・・・
更には化粧は?髪は?
えええええっ!耐えられるんかいな!ゾゾッとします。
完治まで3ヶ月?職場に了解もらったのは1ヶ月・・・。この差どうします?
左手と口と足は元気です、とは言ってみたものの、右手使えないとね・・・無理しても良くないでしょ。と言われる始末。
職場も最近暇で・・・クビにならないと良いんだけどね・・・。
が、しかし、人生はまだ、続きそうなので痛いところは早めに処置が大事です。
同じ病院(科違い)に手術、入院すれば済むんだか・・・はぁ・・・。
[PR]
by nori-0726 | 2015-11-15 13:42 | 病気・通院・健康 | Comments(0)