吸収されなかった可哀想な骨

残念ながら剥離骨折部はそのまま骨に吸収されることはなくチョコンと離れたままでした・・・。
それより、関節炎の痛みが進んで、夜寝る時も疼くことも。
効くかどうか保証はないけど・・効く人は2~3週間持つってことで関節部に直接いたみ止めの注射をしてみた。
手首やら喉やら頭やら、私の身体はブロック注射だらけだ・・・。
効き目は。。。う~、今一つなのか?って感じ。
リハビリの先生が手抜いて作ってくれたサポーター装具は徐々に改造して、付けていてとても助かるように。
もうひとつ、お出かけ用ではないけれど、毎日使っているので新しいのをもう一つ作ってほしいとお願いしたら快諾してくれて、2週間後に新たに型を取ることに。
その後、先生の方で生地を探したり時間をみてプチプチ縫って製作してくれるそうです♪
関節炎で骨折もあるから市販の装具では使えないので、リハビリ科の方で患者さん(私)が使えるようなサポーター装具を作製してください。と言われているそうで・・・。
リハビリ科の作業療養師の先生ってすごいよね。
重度の障害の訓練から骨折やら頭から足の指先までリハビリしながら訓練してできる限り社会復帰できるようにしてくれるんだもの。

新型サポーターできたら紹介しま~す。今度は手首部分をを少し長くして欲しいとリクエストしました。

お昼か病院入り終わったのが4時過ぎ。その後用事を済ませて帰宅途中、夫が会議でっ戻って来ていて丁度会議が終わって帰宅するという。
上手く時間が合って途中の駅で合流して帰ってきた。そんなこともあるもんだ。
おててに注射したので、夜は外食♪。
とんかつ食べたい!というので、ごちそうになるんだから文句は言うまい。
言うまいで旨かった。ごちそうさま~♪
[PR]
by nori-0726 | 2014-04-27 00:50 | 病気・通院・健康 | Comments(0)