金沢 雨 絶対に行きたかった場所

着いた当日は既に金沢は雨が降っていた。
羽田に着くまで1時間少し電車に揺られて、登場までに時間を潰し羽田からは小松空港まで1時間のフライト。
そこから金沢行きの北陸バスで40分。
いつも福岡へ行く時は空港からは地下鉄で3つほど乗るともう博多。
この差は大きい・・・。
すでに、疲れがで始めて出来る事ことならホテルにチェックインしたら横になりたい。
・・・いかんいかん。
翌日は運よく天候も良いらしいが、曜日は月曜。
国、県立などの公共の建物はほとんどが、月曜日は休館。
調べてみたら、私が金沢へ行きたい。と思った発端の「21世紀美術館」も、もれなく月曜日はお休み。
ではでは、疲れたなんて言っていたれない!雨だろうと、雪だろうと?行かねば!!
 
そそくさとホテルのチェックインを済ませた後、多少は濡れても良しのジャケットとスニーカーへ履き替えて
なんだかよくわからないほどのバス乗り場。
ああ。ここもほとんどの移動の主流はバス。
見ても読んでもよくわからない、疲れた頭は半分ポ―っとしている私に親切にこれは、ボランティアの学生さんが、乗り場を教えてくれた。
とおりたバス停の目の前に嗚呼!!ここよ!ここ!
疲れた頭もなんのその。雨で足元が悪い芝生の上を歩き旅行ガイドと同じ写真を撮ってみたり(^_^;)
プールの下から上を仰ぐ。そこに見えるのは人の靴底。
・・のはずなんだけど、雨のために上にいる人はいない。雨の水の輪だけ。
それでも、それだけでも感激。
でもやっぱり、ここは一人ではなく連れがいないと楽しさは半減、連れがいた方がたのしさが倍増!かな。

その日の晩に思わずデカ嬢に今度は一緒に行こうとメールで話す。



当日は休館の兼ね合いもあり、21世紀美術館だけでおわり。
降りたバス停から見える紅葉の始まった木々の森。いったいここはなんだろう・・・・。
今一つ街の様子がわからない状態で、明日の一日がなんだかとても楽しみになった。
駅にも戻り、早めに夕食。
麩で有名な加賀麩「不室屋」で‘生麩あんかけ丼‘をいただいた。
ランチだともっとたくさんメニューもあったみたい。
すこし冷えた体には、あんかけの熱さがもれなくふーふーで美味しかったでする。

翌日のことも考えて、いや、疲れていたので22時にはベッドに入り眠っちゃったみたい。
では、その後はまた追々・・・・


f0114900_15451212.jpg

f0114900_1546111.jpg

f0114900_15463164.jpg

f0114900_15472474.jpg

f0114900_15475174.jpg

f0114900_15491166.jpg

f0114900_1551665.jpg

f0114900_15514449.jpg

f0114900_15521285.jpg

f0114900_15523551.jpg

f0114900_15534432.jpg

[PR]
by nori-0726 | 2013-10-23 15:44 | 旅 カメラ | Comments(0)